お気に入りの服を長持ちさせる近道。クリーニング店と上手につき合おう!

146776844a

 

寒かった今年の冬、大活躍してくれたコートやニット。来年も気持ちよく着るために、お気に入りの衣類は丁寧にケアしてしまいたいものです。 季節の変わり目はもちろん、日ごろからクリーニング店と上手につきあう方法について、株式会社ホームドライ神戸のサービスバイザー、松廣千恵美さんに聞きました。

シミや虫食いの原因となる汚れは“できるだけ早く”がキレイへの近道

いつの間にかセーターに小さな穴が開いていたという経験、ありますよね。悔しいけれど、虫はとてもグルメ。同じクローゼットにしまっていても、いいスーツ、いいニットをわざわざ選んで穴をあけるそう。

季節の変わり目に限らず、日常的に服をしまう前には必ず食べ物やシミの原因になる汚れがついていないかチェックしましょう。ついていれば、できるだけ早く洗う、クリーニングに出す、を心がけてください」 

シミや虫食いの原因2トップは「食べこぼし」「汗」

食べこぼしでなくても、気づかないうちに服に飛んだソースが虫食いの原因になることも多いそう。 汗については、一度しか着てないから大丈夫などと思わずに、季節の変わり目には必ずケアをおこないましょう。

汗は水溶性なので、ドライクリーニングだけでは落ちません。塩分を含んでいる汗汚れは、放っておくと変色を引き起こして、黄ばみになり、落とせなくなります。そうなる前に、”汗抜きクリーニング”をすることをおすすめします。

自己処置のあるなしでクリーニング法も変わる!何をしたか、伝えるのが◎

うっかり食べこぼして服についたシミ。とっさにおしぼりで叩いてみたり、コップのお水で湿らせてみたり。 「そんなときは、紙ナプキンのような乾いたものでやさしく拭きとるのがベストですが、もしご自身で処置をなさった場合はクリーニングに出すときに、何の汚れか、どう処置したか、どのぐらい時間が経ったかを教えてください。

たとえば業務用のおしぼりには塩素が含まれていることが多いので、クリーニングは塩素を取り除く作業から始めます。このように自己処置に応じたクリーニング法がありますので、正しい情報があるほどキレイになります。口紅やインクの汚れもさわらずに、できるだけ早くお持ちください」

大切な服には、髪と同じように“トリートメント”してあげましょう

クリーニング店でよく耳にする「ふつうのドライでいいですか?」というセリフ。聞けば、素材のいいものにはワンランク上の仕上げがおすすめとのことですが、どう違うのでしょう?

「“ゴールド” “デラックス” “ロイヤル”など、メーカーで呼び名は違いますが、ワンランク上の仕上げ方法です。ホームドライ神戸では、カシミヤ、アンゴラなどの羊毛が混紡されていれば“ゴールドコース”をおすすめします」

髪にたとえて言えば、通常のクリーニングはシャンプーしただけの状態。ゴールドコースはトリートメントまで施します。乾燥時にスクワランオイルの成分を噴霧しますので、ふっくらとした風合いに仕上がります。デリケートな素材には、このワンランク上のコースがおすすめです。

仕上がったクリーニング品を引きとったら、まずすべきこと

クリーニング品についているビニールは運搬時のほこりよけです。引きとったら必ず外してください。そのままクローゼットに入れず、空気にふれさせてからしまうとよいでしょう。衣類に空気を循環させるよう、クローゼットをパンパンにせず、服と服の間に空間をもたせてください」

ビニールだけでなく、クリーニング店が管理するための番号やバーコード付きのタグもできれば外しましょう。とめたホチキスがサビの原因になりかねません。

今日からすぐできる、お気に入りの服を長く着るためのちょっとしたコツ

クリーニングだけでなく、衣類のホームケアについてもお客様にアドバイスをおこなう松廣さんに、今日から簡単にできる衣類ケアのヒントを聞きました。

  • スプリングコートもブラッシングすることで、ほこりが落ち、質感も保てます。ゴールデンウィークあたりまで飛ぶ花粉を落とすにも効果的です。
  • お風呂上がり、まだ湯気がある浴室に着ていた服をかけておくと、シワとニオイのケアになります。このとき、消臭スプレーを使うのも効果的。素材を選び、きちんと離して噴霧すればシミにはなりません。ホテルのバスルームでも簡単にできるので、出張が多い方にもおすすめです。
  • セーターを家で洗う場合は、必ずネットを使用し、「脱水」を1分以内にとどめるのがコツ。松廣さんオススメの干し方は、お風呂のフタにバスタオルを敷き、脱水後のセーターを形を整えて置きます。裾や袖口、縄編み部分や刺繍の周りは縮みやすいので丁寧に。デリケートな素材や、繊細な装飾はクリーニングに出しましょう。

「できるだけ早く」「一度でも着たら」「むやみにさわらない」…大切な衣類をきれいに長く着るためのキーワード、勉強になりました。信頼できるクリーニング店と上手につきあうことも、衣類への思いやりなのですね。

取材協力:株式会社ホームドライ神戸

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-24 17:53:44

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!