[清水満さんに聞く]ネコがいる部屋でもキレイをキープするコツ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

家へ遊びに来たお客様がネコのいる部屋に入ると顔をしかめることはありませんか? ネコはとってもかわいいけれど、抜け毛や尿などの臭いも気になる…ペットを飼っている方、共通のお悩みですね。 そこをなんとかケアしたいところ。 目指すのは猫にも人間にも住みよい家。今回はネコを愛する一級建築士・清水満さんにネコがいる部屋のお掃除方法について聞きました。

 

最近はペット用のサイクロン掃除機も登場

人間よりもずっと床に近いところにいるネコ。 だからこそ、ホコリには敏感。 ハウスダストが原因でシックハウス症候群になってしまうこともあります。

「冬から春になる今の時期には、特に毛がたくさん抜けますから、お掃除は入念にしておきましょう。ヘッドにブラシが付いており、絨毯に落ちた抜け毛をかきとるペット用のサイクロン掃除機を使うのもいいですね」(清水さん)

ネコは粘着質がとっても苦手。できればフローリング対応のコロコロは避けて

テープ式の掃除ツール、通称コロコロは絨毯の上に落ちた抜け毛がよく取れるため、ペットのいるご家庭では必需品。最近ではフローリング対応のコロコロも登場しています。

しかし、ネコはベタベタするなどの粘着物質が苦手。できればコロコロは避けて、フローリング用のドライシートなどでお掃除しましょう。

 

嗅覚は人間の1万倍。芳香剤やアロマオイルはネコにとって拷問?

ペットのニオイが気になるからと、芳香剤を置いたり、アロマオイルを焚く人もいると聞きます。しかし、ネコの嗅覚は人間の1万倍。われわれ人間にとって良い香りでも、ネコからしたら悶絶するような強すぎる香りになるのです。だから、カーテンやソファーのカバー、衣類などに使う消臭剤は無香料のものを選びたいもの。

こまめにお掃除すればニオイは防げますが、どうしても気になるという人は、ペットの尿がしみ込まない加工のフローリングやカーペットもホームセンターで販売しています。 それらを上手に使ってネコがいる部屋をキレイに保ちましょう。

取材協力:わんにゃん健康住宅研究所 代表の清水満(一級建築士)さん

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-03-27 09:43:23

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!