[清水満さんに聞く]ネコも人もHAPPY♡なキャットウォークを作る!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

家の中だけでネコを飼う人も多くなってきました。 そんなネコの運動不足やストレスを解消するため、室内にキャットウォーク(通路)や遊び場を作りたいという飼い主さんの声もよく聞きます。今回は、ネコをこよなく愛する一級建築士・清水満さんにネコが喜ぶキャットウォーク作りのコツについて聞きました。

キレイに掃除するために、キャットウォークは点検できる場所に設置

 「ネコの中には食べすぎると突然、吐いてしまう子もいるんです」と清水さん。急に催すわけですから、ネコは場所を選んでくれません。人間の死角となるキャットウォークの上部を汚し、後日発見して悲鳴を上げる…という事態は避けたいですよね?

06a

キャットウォークは、椅子や脚立などで歩行面が点検できる場所と高さに作りましょう。簡単に掃除できるようにしておかないと危険ですし、不衛生になりがちです。

キャットウォークの出入口は複数を確保

ネコはとっても気まぐれ。ネコが急にキャットウォークから降りたいと思ったときのために、出入口は複数を確保しておきましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

特にネコが数匹いる場合は、キャットウォークが混雑し、ケンカやストレスに繋がることもあるので、注意しましょう。

ネコだってケガします。落下防止の工夫を考えましょう

ネコは高い所から落ちてもケガをしないと思い込んでいませんか?確かにネコの体は柔らかいけれど、ネコだって年齢によって身体が衰え、バランスを保てなくなったり、高すぎて苦手な場所もあったりするのです。

キャットウォークの床面には、滑り止めをつけ、途中に落下防止網を張るなどし、ネコの安全を守りましょう。

せっかくなら、ネコも飼い主も楽しめるキャットウォークを作ろう

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 「キャットウォークの一部をスケルトンにすると、下からネコの肉球がペタペタ動く様子が見えてかわいい」など、小さな工夫でネコのいる生活がぐっと充実します。

 

ホームセンターにある、ペットにやさしい滑り止め防止のタイルやフローリング、身近な段ボールやプラスティック板などを用いて、ネコの遊び場をDIYする飼い主さんも増えています。ここで紹介したコツをおさえて、ネコはもちろん、自分のテンションもあがるようなキャットウォークを作ってみてはいかがでしょうか?

取材協力:わんにゃん健康住宅研究所 代表の清水満(一級建築士)さん

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-04-28 15:17:44

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!