作業しにくいデスクにおさらば! オフィスでも使えるデスクまわりの収納

shuno_desk

作業効率もアップ! デスクまわりの収納テクニック

デスクの上に地層のように積み重なる書類…いずれそこにある意味もなく、ただ作業スペースを圧迫する存在になりがちです。どうしてついつい積み重ねてしまうのでしょうか?

それは、

  1. 置く場所が漠然としていて決まっていない
  2. 決まっているのだが入れるのが面倒くさい

のいずれかが原因だと思います。

書類はクリアファイルでぐんと整理がしやすくなる

おすすめしているのが、クリアファイルによる仕分けです。

オフィスならばそれぞれの案件名を明確に記し、入ってきた書類はとにかくそこに入れる。家庭であれば、「保険関係」「車関係」など必要な種目のファイルを用意し、日々ポストに入ってくる書類を仕分けて入れていきます。とにかく、しまう場所が決まっていること、そして入れやすいことが大切。仕分けさえされていれば、ぱっと見て何の書類だかわかり、整理もしやすくなります。

クリアファイルに必要な種目のラベルを貼るだけ。ファイルボックスなどにまとめて、出し入れのしやすい所に置きましょう。

クリアファイルに必要な種目のラベルを貼るだけ。ファイルボックスなどにまとめて、出し入れのしやすい所に置きましょう。

デスクの基本も「入れやすく、出しやすい収納」

デスクも、一度収納の見直しをしてみるとさまざまなことに気づくと思います。「使いやすい引き出しに、既に不要な書類がぎっしり入っている」「縦置きにせず重ねているため、下の方にアクセスできない」など。

こうなってしまえば、ちょこちょこと部分的に片づけても根本的な解決にはなりません。時間を作って、デスクのものを全部出し&収納見直しを行ってみてください。

その際、出入りの激しいものほど、出し入れしやすいところに定位置を作ること。だいたいの紙物は流れ物です。入れやすく、出しやすい収納を心がけてください。

デスク横引き出しのこの段は、夫の「行き場のわからない物をとりあえず入れる」コーナー。一時的な逃げ場所を作っておくのも散らかさない秘訣です。

デスク横引き出しのこの段は、夫の「行き場のわからない物をとりあえず入れる」コーナー。一時的な逃げ場所を作っておくのも散らかさない秘訣です。



デスクのすぐ横にある文具などの引き出し。席を立たずとも必要なものが揃うよう、文具もファイルもデスク横にひとまとめ。収納もない小さなデスクだからこそ、片付いていないと何もできません。

デスクのすぐ横にある文具などの引き出し。席を立たずとも必要なものが揃うよう、文具もファイルもデスク横にひとまとめ。収納もない小さなデスクだからこそ、片付いていないと何もできません。
また領収書は、デスクの前に、クリップでレシートをとめています。溜まってくるのが目に見えてわかるので、家計簿への記帳を「しなきゃ」と強く思えるのがメリット。後回しにしがちな日々の雑務をこなすためにも、収納の“見える化”は有効です。

 

溜まりやすい本の管理

うちには本や雑誌の定位置が3カ所あり、そこを本が巡るようになっています。

まず、新しい本、すぐに読みたい本はソファ横に置いた木箱の中へ。読みたい本を本棚に隠してしまうより、いつものくつろぎスペースで目に入る場所にあった方が、間違いなく読むことができます。この木箱にはマッサージやスキンケア用品も置いてあり、ちょっとした時間にすぐケアできるようにしてあります。

いつでも目に入り、ソファから手を伸ばせるところにある、「読みたい本」「使いたいケア用品」の入った木箱。生活必需品ではないからこそ、使いたいものはとことん使いやすく。

いつでも目に入り、ソファから手を伸ばせるところにある、「読みたい本」「使いたいケア用品」の入った木箱。生活必需品ではないからこそ、使いたいものはとことん使いやすく。

「使いたいもの」は「使うところ」に「使いやすく」。この収納の基本は、あらゆる場所で活用できます。

ちなみにうちの本が次に向かうのは、玄関の靴箱の一部。しばらくここに保管した後、「もう読まないな」となったら処分へ。これは永久保存版だ、というものは押し入れのボックスに収めています。

shuno_desk3

本多さおりさんの“片づけたくなる”整理収納テクニックまとめ

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-23 13:13:39

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!