キッチンにはトイレ以上の菌がいる!? まな板の正しい除菌方法

467581955a

 

毎日のお料理で使うキッチン用具。直接食べ物に触れるものだし、衛生面は気を付けたいところです。特に注意したいのが、まな板。キッチン用具の中でも、菌が繁殖しやすいアイテムの1つです。除菌タイプの台所用洗剤でも、ただ洗っただけではまな板の菌は落としきれないのだとか…。では、どうすればまな板を清潔にキープできるのでしょうか? 今回は、まな板の正しい洗い方についてご紹介します。

ポイントは洗浄、除菌、乾燥

洗浄のポイント

まな板を使った後は、すぐに水ですすぎ、軽く水分をふきとるという作業を習慣化しましょう。魚や肉などの生ものを扱った後はその都度、台所用洗剤を使って水かぬるま湯で洗うようにしてください。

包丁キズのある場所はバイ菌が繁殖しやすいので、特に念入りに洗いましょう。

60℃以上の熱いお湯を使うと、肉や魚などのタンパク質汚れが固まってしまい、汚れが落ちにくくなります。熱湯消毒をする場合には、先に汚れを落としてからにしましょう。

除菌のポイント

生の肉や魚を切った後は、洗浄後に必ず台所用漂白剤で除菌をしましょう。プラスチック製のまな板なら、キッチン泡ハイターをスプレーして、たった30秒で除菌できちゃいます。(木製のまな板は2分)。包丁がステンレス製なら、まな板と一緒に処理しても◎。

乾燥のポイント

水分は菌の大好物。すすいだ後は、しっかり水気を切って十分に乾燥させてください。

使うときのワンポイントテク

  • 使う前にまな板を水でさっと濡らしておくと、材料のアクや脂が染み込むのを防げます。
  • 野菜用と肉・魚用でまな板を2枚用意するか、表・裏で使い分けるのが理想。
  • 材料を切るときは野菜→肉・魚の順番で。

最近の調査によると、家庭内で大腸菌群が一番多かったのは、キッチンなのだそう。つまり、トイレ以上の菌が潜んでいることになります。まな板に関しては、プラスティックで25㎠あたり約100万、木製では、1万~1000万もの菌がいるのだそう(花王生活研究センター調べ)。そんなところに食べ物をのせていたなんて、想像するだけでゾッとしますね。ご飯を美味しく食べるためにも、こまめな除菌を心がけましょう。

商品情報

つけ置きで、すみずみまで除菌・漂白・消臭ができる塩素系台所用漂白剤

キッチンハイター[小]

気がついた時に手軽に使える、スプレータイプの塩素系台所用漂白剤

キッチン泡ハイター

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-23 13:16:33

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!