スポンジ1個に100億もの菌が。知っておきたい正しい除菌テク

183642311a

 

お皿や鍋などの調理器具はキレイに洗おうと心がけていますが、スポンジのお手入れは忘れてしまいがち。でも、スポンジに汚れや水気が残っていると、あっという間にばい菌の巣になってしまうんだとか。実はきちんと除菌をしていないスポンジ1個には、ばい菌が1000万~100億いるんだそう!(花王生活者センター調べ) 洗っているつもりが、ばい菌をなすりつけていた…なんてことにならないよう、スポンジの手軽な除菌法と衛生的に使う方法をご紹介します。

準備するもの

  • 除菌ができる台所用洗剤(キュキュット クエン酸効果など)
  • スプレータイプの台所用漂白剤(キッチン泡ハイター)と、水を入れるための容器(洗いおけなどがなければ、大きめのタッパーなどでもOK)

置いておくだけで手軽にできる!台所用洗剤を使った除菌

  1. 使用後のスポンジの水気を充分に切ります。
  2. 台所用洗剤の原液約8mlをスポンジにまんべんなくかけ、もみこんで全体に浸透させます。
  3. 次に洗うときまでおいておきます。(そのまま食器洗いに使ってもOK)

気になった時にすぐできる!台所用漂白剤を使った除菌

  1. 容器に350mlの水を入れ、スプレータイプの台所用漂白剤を1スプレーし、薄め液を作る。
  2. 薄め液の中でスポンジを1分30秒もみ、30秒おいておくだけ。
  3. その後、水ですすいで下さい。

スポンジに直接スプレーしないでください。

スポンジが変色してしまうことがあるので長時間のつけ置きはNG。

キッチン泡ハイターを使う際は、手袋、目の保護に眼鏡を着用し、必ず換気して下さい。

スポンジを清潔に保つには、なるべく汚さない工夫も大切

皿の汚れはあらかじめ取っておく

食べ残しや、食器についた汚れは、スポンジで洗う前にゴムベラやキッチンペーパーなどで取り除いておきましょう。

洗うのがスムーズですし、洗剤や水の節約にもなります。

油脂汚れはぬるま湯で

肉や魚の脂汚れは落ちにくい上、スポンジにもこびりつきやすいもの。洗う前にゴムベラやキッチンペーパーなどで取り除いて、ぬるま湯を使って洗えば、スポンジ汚れも少なくすみます。

 

スポンジ除菌をしておくと、安心なだけでなく、気持ちよく食器洗いができるので、気分的にも一石二鳥ですよ!

商品情報

1本で、除菌・消臭・くすみ落としの3つの効果がある食器用洗剤

キュキュット クエン酸効果

まな板・排水口ごみ受け・スポンジなど台所用品の除菌・漂白・消臭に。

キッチン泡ハイター

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-23 13:11:23

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!