[ゴキブリ博士直伝]初夏の2週間集中。3ステップで簡単ゴキブリ対策

176855498a

 

暖かくなると活動し始めるゴキブリ。5月、6月は、まさにゴキブリ駆除には最適なタイミング。2週間集中して、ゴキブリがいなくなる家を目指してみませんか?今回は、害虫問題を研究しているゴキブリ博士こと青木皐(のぼる)先生に、ゴキブリ駆除とその対策について聞きました。

初夏は、ゴキブリ駆除のベストタイミング

暖かい春を迎えると、ゴキブリは活動を始めます。わざわざ外に出てきてくれるのですから、駆除するにはベストなタイミングというわけ。

用意するもの

  • 粘着シート
  • 殺虫剤
  • 扇風機

ゴキブリの通る道を調べるために粘着シートをセット

夜行性のゴキブリは、23時~24時になると活動を開始するので、夜、寝る前にキッチン、お風呂、洗面所にできるだけたくさん粘着シートを置いておきます。このとき、流しの戸はあけておいてください。

朝起きて、ゴキブリが取れていたら、そこがゴキブリの歩く道。翌日からは、その道に重点的に粘着シートを置くようにします。2~3日目からは取れる数が増えます。

ノズルを活用して、狭い隙間に殺虫剤をシュッシュ

ゴキブリは、狭い隙間が大好き。戸棚や隙間の奥に隠れているゴキブリを殺虫剤でやっつけます。ノズルを活用して、流しや床の隙間、排水管と底板の隙間、引き出しと奥の壁の隙間に薬を残留させます。

このとき、赤ちゃんやペットが殺虫剤を吸引してしまわないようにくれぐれも気をつけましょう。ホウ酸団子なども効き目はありますが、高齢者や赤ちゃん、ペットが誤って食べてしまうこともあるため、青木先生はおすすめしていないそうです。

ゴキブリは隙間が好きなので、隠れる場所をつくらないのも有効。駆除中は、光がはいるよう家具と家具、家具と壁の間を15センチあけて配置しましょう。難しければせめて掃除機のパイプが入る5センチは確保し、こまめに吸引して、ホコリや潜伏しているゴキブリを吸い取ります。駆除が終わっても、家具の隙間は2センチあけて配置しましょう。

扇風機で室内を十分に乾燥させる

ゴキブリは湿気が大好きです。外出するときには、押入れや引き出しを開けて、扇風機の風をあてておきましょう。ゴキブリは乾燥した場所では生きられないので、次の場所を求めて徘徊します。徘徊させることも駆除にはとても大切。いずれは仕掛けておいた粘着テープか殺虫剤で駆除できるか、外へ出て行ってくれます。

駆除したら、徹底的に「入れない」を心がけましょう

ゴキブリの「夜行性」「隠れたがり」「湿気が好き」という3つの特性にアプローチした今回の駆除方法。「毎日集中してがんばれば、2週間でいなくなるだろうね」と青木先生は語ります。

2週間やってみて、粘着シートにまだ取れるようだったら、あと数日は続けてみてください。そして、駆除をしてゴキブリのいない家を保つために、必ず守らなければいけないのが、ゴキブリを入れないこと。そして、家を清潔に保つことも鉄則です。

ゴキブリの意外な侵入経路は植木鉢や宅配便の段ボール、衣類や靴、バッグ、ベランダの排水管なのだそう。室内を乾燥させる、業者から受け取った段ボールはすぐに処分する、外出先でバッグを床に置かないなどを実践し、ゴキブリが寄り付かない家を目指しましょう。

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-19 10:45:40

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!