しっかり加熱、水気を切る…食中毒を防ぐ、夏のお弁当対策

480936297a

 

暖かくなってきたのはうれしいけれど、食べ物がすぐ傷むのは困りもの。私も職場にときどきお弁当を持って行っているので、食中毒が気になります。今回は、お弁当を傷みにくくする3つのポイントをご紹介します。

お弁当に入れるお惣菜は中までしっかり加熱する

加熱は、傷みにくいお弁当作りの基本中の基本。加熱処理が施されていない冷凍食品やハンバーグ、唐揚げなど、中まで火が通っているか確認しにくいものほどしっかり加熱しましょう。

電子レンジを使うときは、途中でかき混ぜるなどして、加熱ムラを防ぐのも有効。

作り置きのおかずは入れないほうが安全ですが、どうしてもというときは、ギリギリまで冷蔵庫で保存して、お弁当箱に詰める前に必ず火を通しましょう。

自然解凍できる冷凍食品を使えば、保冷剤代わりにもなってGOOD。

おにぎりを握るときはラップを使用。できるだけ食材を手でさわらない

手には細菌やウイルスがいっぱい。おにぎりを握るときは、ラップを使えば衛生的です。酢や梅干しなどの食材は、細菌の増殖を抑える効果があるといわれているので、上手に取り入れましょう。

野菜や果物、お惣菜の水気をきちんと切ってからお弁当箱に詰める

水分が多い食材やお惣菜は、細菌が繁殖する恐れがあり、傷みやすくなります。汁気をよく切ってからお弁当箱に詰めましょう。

特に、洗いたての生野菜や果物は要注意。キッチンペーパーなどで水気を拭き取ってから入れるのがコツです。

汁気がなくても、あたたかいごはんやおかずを詰めて、すぐにフタをしてしまうと、湯気が水分になってしまうので、よく冷ましてからフタをしてください。

調理前に手を洗ったり、調理器具やお弁当箱を除菌して、しっかり乾燥させるなどのベーシックな事前準備もお忘れなく! 

また、できあがったお弁当はなるべく涼しいところに保管。とびきり暑い日には、ハンカチにくるんだ保冷剤をあてておいてもいいですね。

それでも、フタを開けて嫌なニオイがしたり、酸っぱい風味を感じたりしたら、食べるのはやめておきましょう。

参考情報元:農林水産省

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-18 13:50:22

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!