ニオイやベタつきも最長2分で落とす、お弁当箱やタッパーの除菌・漂白方法

79323552a

 

春から幼稚園へ通い始めた子どももようやく慣れてきて、お弁当の時間が楽しみだとか。お弁当作りにも精がでます。そこで最近気になるのが、お弁当箱や作りおきのお惣菜を保存しておくタッパーに残る微妙なニオイと油のベタつき。ちゃんと洗っているのに、なぜか残ってしまいます。ジメジメした梅雨時、食中毒も心配です。とくにお弁当箱は毎日使うので、簡単にキレイにしたい…そんな悩みを解決するべく、今回は「お弁当やタッパーの除菌・漂白方法」をご紹介します。

お弁当やタッパーの除菌・漂白方法

実は、お弁当箱やタッパーなどのプラスチック製品は、表面に小さな傷がつきやすく、油となじみやすいという特徴があります。傷に油汚れがしみこんでしまうので、汚れやニオイがとれにくくなり、ベタベタしてしまうのです。割れにくく、軽くて扱いも簡単そうなプラスチック製品ですが、ガラスや陶器とは違ったケアが必要になります。

準備するもの

  • キッチンハイター(希釈タイプ)やキッチン泡ハイター(スプレータイプ)などの台所用漂白剤
  • 洗いおけ

キッチンハイターでつけおき除菌

  1. 洗いおけに水5Lとキッチンハイターを50ml入れてうすめ液を作ります。
  2. うすめ液にプラスチック容器を2分ほどつけおきします。
  3. 容器を洗い流し、乾かします。

キッチン泡ハイターで簡単除菌

  1. キッチン泡ハイターを容器にシュシュッとスプレーして30秒ほどおきます。
  2. 容器を洗い流し、乾かします。

メラミン食器は黄変してしまう可能性があるので、キッチンハイターやキッチン泡ハイターは使えません。

台所用漂白剤を使う際は手袋・目の保護にメガネを着用し、必ず換気して下さい。

 

これで簡単にニオイもベタつきもとれてすっきり!

泡ハイターは吹きかけるだけなので、子ども用のお弁当箱や仕切り、スプーン・フォーク類、プラスチックの楊子といった小さなものの除菌にも向いていると思いました。梅雨時ですが、毎日漂白・除菌すれば安心して子どもにお弁当を持たせることができそうです。

商品情報

つけ置きで、すみずみまで除菌・漂白・消臭ができる台所用漂白剤

キッチンハイター[小]

気がついた時に手軽に使える、スプレータイプの台所用漂白剤

キッチン泡ハイター

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-23 01:46:34

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!