ジメジメした梅雨時のバスルームを清潔に保つ、カビ対策グッズ

bucodesu01

 

浴室に何気なく置いたボトルや掃除用スポンジ。湿気の多いこの時期は、入浴時にこれらのアイテムにカビが生えているのに気づいて、リラックス気分が台無し…なんてことも。カビの原因となる水気をため込まず、お風呂周りのものをクリーンにキープする便利なアイテムをご紹介します。

そのままバーにかけておける、斬新なフック型スポンジ

浴室の掃除用スポンジは、そのまま置いておくと棚や床がヌルヌルするし、水切れが悪くてカビが発生してしまうことも。「フッキングスポンジ」は、スポンジの一部がフック状になっているから、壁などのバーにかけ、水切りしながら収納することができます。

QQQ1

持ちやすく、浴室内に置いておけるから、汚れに気づいたらすぐ使うことができるのもうれしいですね。

商品情報

QQQ「フッキングスポンジ」(400円+税)

壁面を有効利用しながらいろいろな小物をかけられる

スポンジ、軽石、ブラシなどのこまごましたバスアイテムは、整理しにくく、一度カビが生えると面倒ですね。こちらはシャワーのフックに差すだけで、さまざまなバス小物を収納できるアイテム「シャワーインフック」。

シャワー1a

吊るしておけば、自然と水分が切れるので、バスグッズを清潔に保てます。耐荷重2kg(フック1本につき500g)、ピッタリ固定できる軟質樹脂を採用しているので安心です。

商品情報

ダイヤコーポレーション「シャワーインフック」(700円+税)

繰り返し使うタオルをさっとかけておけるホルダー

洗濯ものが乾きにくいこの時期、一度使ったハンディオルやバスタオルを「次回も使おう」と、浴室のそばに置いたら、あっという間に黒いポツポツカビが生えていた…なんて経験はありませんか。このタオルホルダーなら、中央のラバーにタオルを差し込むだけでスマートに収納でき、そのまま棚に置いておくよりも通気性の良い状態でキープできます。

buko

裏面がマグネットになっているので、洗濯機などにつけて使えます。カラーも6タイプとインテリアに合わせて選べるのが楽しいです。

商品情報

丸榮日産「BUCO タオルホルダー」(580円+税)

気分がカラッとはいかない梅雨時だからこそ、バスタイムを快適に過ごしたいもの。 お風呂周りをクリーンに保ってくれるアイテムたちが、一役かってくれるはずです♪

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-24 11:53:04

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!