[三愛に聞いた]2014年水着のトレンドと着こなし術

mizugi03b

 

梅雨が明けたら、夏本番。今年の水着はもう用意しましたか?2014年のトレンドと着こなしテクニックを「三愛」プレス担当の新保菜緒子さんに聞きました。

ウィメンズはショート丈のフレアートップが大人気

今年は、短いキャミソールのような「フレアートップ」がイチオシ。フリンジやフリルなど、バストまわりに装飾のあるデザインも増えています。

mizugi01a

小胸さんには、カップにたくさんフリルのついたボリュームタイプがオススメ。

カップの下にリボンやフリンジがついているタイプは、ウエスト回りが気になる人におすすめです。

同じフレアートップ型でも、デザインによってさまざまなスタイルの悩みに対応できるのがうれしいところです。

しばらく紐ショーツが主流だったボトムスには、海外からのニューカマー「ハイウエスト」が登場。ガードルのような奇抜なデザインなのでチャレンジしにくいかもしれませんが、流行の最先端をゆくなら検討してみても◎。

「ハイウエスト」の中でも、取り入れやすいのが「ウエスト折り返し形」。「ハイウエスト」の上部を折り返せるデザインで、お腹をすっきり見せる効果も期待できるのだとか。単品でも購入できるため、手持ちのトップスとのコーディネートも楽しめます。

mizugi02a

またデニム地のボトムスならタウンユースとしても違和感がありません。ショート丈のフレアートップ×ハイウエストのボトムというスタイルは、洋服の流行ともリンクしていますね。

寒色ベース×色数の多い花柄でかっこよくキメる

今年押さえておきたいカラーは、なんといっても寒色系。ブルーやターコイズ、サックスブルー、ミントグリーンなどさわやかなカラーがおすすめです。

mizugi03a

“2014年三愛水着イメージガール 久松郁実”

新保さん曰く「女の子が大好きなピンクにも、アクセントカラーとしてブルー系を取り入れたタイプが多く展開されています」とのこと。 また、昨年頃から流行している上下柄違いのデザインは、今年もブーム継続。上が無地で下は柄といったカジュアルなタイプが人気です。

水彩画のような淡いタッチや、色数の多いグラフィカルな花柄も注目を集めています。ちなみにメンズはトロピカル柄やボタニカル柄など“植物”を感じさせる柄が流行してきているのだとか。

子育て中でもおしゃれに見える着こなしテクニック

体型に自信がない人はワンピースやモノキニを選びがちですが、実は落とし穴も。生地の長さが決まっているため、背が低いとたるんだり、ぽっちゃりしていると伸びたり、欠点が余計に強調されてしまうことがあるのです。

上手に見せ、上手に隠すのがスタイルアップのコツ。

ウエストが気になるなら、リボンやベルトが付いていて、浅いVラインのボトムス。

ヒップが目立つならショートパンツやパレオを合わせましょう。

「子育て中の方にも、今年トレンドのフレアートップはおすすめです。ビキニほどの露出がなくてもスタイリッシュに見え、子どもを抱っこしたときにめくられる心配もありません。産後に気になるウエストもカバーしやすいデザインです」と、新保さん。

また、プールサイドや砂浜にいるときは、水陸両用タイプのTシャツ、ラッシュパーカー、レギンスを合わせるのがおすすめ。濡れても不都合がないうえに、紫外線をカットしてくれるそうですよ。

取材協力:株式会社 三愛

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-21 23:07:43

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!