夏のアウトドアに使える充電式の機種も登場!2014年夏、注目のファミリー向け扇風機

DSC01892a

 

震災以降の節電志向を背景に、ここ数年で人気を高めた家電が扇風機。空気清浄機能や充電可能なモデルなど、機能性を向上させたハイスペックな機種が続々と登場しています。今回は2014年夏、注目すべきファミリー向け扇風機について、「ビックカメラ 有楽町店」専門相談員・諸橋さんに聞きました。

1日8時間、90日間使用しても、電気代はたった24円の省エネ設計

GeenFan Japana

「独自の技術によって自然界の風を再現する扇風機『GreenFan Japan』。日本で開発され、日本で生産されているから、安心のクオリティ。15m先まで風を飛ばすことができるので、家族が集まるリビングなどに最適です。」(諸橋さん)

独自に設計された二重構造の羽根で、自然に近いやわらかな風を再現。長時間当たっていても頭が痛くなりづらいのだとか。省エネ性にもすぐれ、弱運転の場合、1日8時間×90日間使用した場合の電気代は、なんとたったの24円。日本製ならではのハイクオリティです。

商品情報

BALMUDA「GreenFan Japan【EGF-1500】

プラズマクラスター搭載で、空気を清浄する扇風機

SHARP スリムイオンファンa

「送風はもちろん、シャープ独自のプラズマクラスターイオンが、浮遊カビ菌などを除菌し、空気を浄化してくれます。衣服の付着臭を抑制する機能があるので、部屋干しの補助に最適です。」(諸橋さん)

上下のルーバーは上向き約60度〜下向き約20度、さらに左右は最大約90度スイングするから、風向きの調節は自由自在。スマートなフォルムで置き場所にこまらないタワー型扇風機です。

イオンで空気を浄化する「プラズマクラスター」機能のほか、部屋干しの生乾き臭を脱臭する「衣類脱臭モード」を搭載しています。

さらに、暖房機能も付いているので、季節を問わず、活躍してくれる1台です。

 充電式だから持ち運びもOK!アウトドアでも活躍する扇風機

東芝SIENT シリーズa

「充電式タイプだからアウトドアはもちろん、災害時にも活躍します。」(諸橋さん)

低消費電力の「DCインバーターモーター」を採用。約6時間のフル充電で、首振りなしの弱運転なら、最大で約17時間使用できます。

20時から13時に充電し、電力消費が多くなる13時から15時は自動でバッテリー運転に切り替える「ピークシフト機能」を搭載し、省エネ性もアップ。

家の中だけでなく外でも使えるから、さまざまなシーンで活躍してくれそう。

商品情報

東芝「SIENTシリーズ【FDLR300X】
※生産完了品につき、在庫限りの商品となります。購入の際には、必ず在庫状況を確認して下さい。

最近の扇風機は、従来のものの約半分の電力で動くDCモーター搭載が主流になりつつあります。扇風機もどんどんエコ化しているので、エアコンとの併用で上手に節電したいですね。

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-23 13:04:32

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!