靴下の泥汚れやニオイを簡単に落とすテク

122412456a

 

男の子は元気がいちばん! とはいえ、息子が真っ黒に汚れた靴下で帰ってくるとげんなりしてしまいます。頑固な泥汚れがついた靴下は、普通に洗濯しただけではどんどん黒ずみ、薄汚れた感じになってしまうことも。そこで、手ごわい泥汚れと、いや~なニオイを一挙に落とす簡単洗濯テクを調べてみました。

泥汚れは乾かないうちに速攻つけおき

泥汚れがなかなか落ちないのは、泥が水にも油にも溶けないからだとか。とくに、乾くと繊維の間に泥がしっかり入り込み、落ちにくくなってしまうそう。

そこで、子どもが靴下を泥だらけにして帰ってきたら、以下の手順で洗濯しましょう。

用意するもの

  • アタック 高浸透リセットパワー
  • 洗いおけ
  • 水またはぬるま湯

準備

洗剤液に乾いた土がたくさん混じると、キレイな部分に汚れ移りして、
かえって洗濯物を汚してしまうんだとか。

乾いた泥汚れは、パンパンたたいたり、もんだりして、できるだけ払い落としてから、つけおきを。
このひと手間で、洗い上がりに差が出ます。

泥汚れの洗濯方法

  1. 泥だらけの靴下はすぐに脱がせる。
  2. 洗いおけに洗剤液(水またはぬるま湯5Lに対して、アタック 高浸透リセットパワーを「スプーン30L」線まで入れて溶かす)を作り、(1)の靴下を入れ、そのまま一晩つけおき。
    ※色柄物なら、つけおきは2~3時間目安(最大8時間まで)。
  3. 翌朝、ほかの洗濯物と一緒に(2)を入れ、洗濯機で洗うだけ。

もみ洗いをしなくても、これだけでかなり汚れが落ちます。

やはり「ついたらすぐ落とす」が大事なんですね。

つけおき時に除菌効果のある洗剤を使えば、靴下に発生する雑菌も退治してくれ、いやなニオイもオフしてくれます。

夕方の忙しい時間に子どもが泥だらけで帰ってくると、イラッときて、思わずしかりつけてしまうこともありますが、「つけおきするだけでキレイになる」と思えば、毎日笑顔で迎えられそうです。

商品情報

手ごわい汚れもつけ置き洗いで楽々スッキリ!(洗たく用粉末洗剤)

アタック 高浸透リセットパワー

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-19 10:43:59

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!