[人気ブロガーru:riさんの収納術]2種類のカゴを利用して、使いやすいパントリーに

トップ候補2a

 

食材のストックや出番の少ない調理器具などを納めておくパントリー。「あとで片付けるから」と空いたスペースにとりあえず収納していませんか?気持ちよく使えるパントリー収納のコツを、ブログ「家づくり手帖」で人気のru:riさんに聞きました。

見える収納、隠れる収納、どちらも「カゴ」が便利

キッチンスペースの収納棚などの「見える収納」、そして扉のあるスペースでの「隠れる収納」。「どちらも〈カゴ〉が便利」とru:riさん。

ru:riさん流カゴ選びの法則

  • 見える収納…デザインにもこだわって、フタのあるものを
  • 隠れる収納…中が見やすく、フタのないものを

台形型のようなカゴは収納しにくく、デッドスペースができるので、直方体のものを選びましょう。

ru:riさんは買い物に役立つよう、棚や扉の奥行や幅を測り、携帯電話にメモしているそう。

奥行はぴったりが理想ですが、幅は手が入ることも考えてゆとりをもって採寸するようにしましょう。

形状や用途に絞って、ゆったり収納

頻繁に使うわけではないけれど、いざというときにすぐ出てきてくれるとうれしいキッチン小物。ru:riさんいわく、「形状や素材、用途に分けてしまっておくと便利」だそう。

ru:riさん流キッチン小物収納の法則

  • コーヒーや紅茶…ひとつにまとめて、そのカゴ内で納まる量しか買わない
  • 調理器具の部品…同じ機器で使う付属品は、ひとつのカゴにまとめる
    小物1a
  • 布類…ケースの幅にたたんで、立てて収納する
    小物2a

ru:riさんのカゴの中、キレイですね。これなら作業もスムーズなはずです。

食料品は、寝かせず立てて収納

基本的には、食料品のストックはあまり持たないようにしているru:riさん。

何をどのぐらいストックしているかをひと目で把握できる収納を心がけています。

ru:riさん流食料品ストック収納の法則

  • 雪崩が起きないように、カゴなどできちんと仕切る
  • 中が見えるカゴ(クリア、格子状など)を使う
  • 見えなくならないように、寝かせず立てて収納
  • 賞味期限が近いものから手前に置く

    食料庫a

「今の収納スタイルになってから、ムダな買い物がなくなりました」とru:riさん。

また、家族に「あれどこだっけ」と聞かれることも少なくなり、必要なものは自分で見つけてくれるからラクだそうです。家が片付くと、家族の円満度もアップするかもしれませんね。

取材協力:ru:riさん

 

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-19 10:51:32

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!