実践!洋服についた水彩絵の具や水性ペンのおうちクリーニング

464697559a

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

お絵描きが大好きな3歳の娘。洋服を汚してしまうのはいつものこと。でも力任せに洗っても、汚れ落ちが悪かったり、お気に入りの洋服を色落ちさせてしまったりすることも…。今回は洋服についた絵の具や水性ペンのおうちクリーニングについて調べて、実践してみました。

水彩絵の具は洗濯用中性洗剤でつまみ洗い

娘が水彩絵の具を使うと、どうしても洋服にはねてしまいがち。今回も目立つところにむらさきのシミをつけてしまいました。早速、おうちクリーニングしてみましょう!

水彩絵の具①a

1.まずは絵表示で水洗いができることを確認。汚れた部分に洗濯用中性洗剤の原液を塗り、さらに水を含ませて、指先でつまみ洗いします。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

水彩絵の具②a

2.水ですすいでから洗濯機で洗い、乾かします。わからないぐらいにすっきりキレイになりました。

水彩絵の具③a

絵の具は乾いてしまうと落ちにくくなるため、汚れに気付いたらすぐに洗いましょう。

水性ペンは水と歯ブラシでシミ抜き

水性の汚れは、基本的に水で落とすそう。まだ不器用な娘がペンを持ち違えてついた水性ペン汚れ。本当に水で落ちるのでしょうか?水性ペンの汚れ落としにチャレンジ!

水性ペン①a

1.まずは絵表示で水洗いができるかを確認。服を裏返して、乾いたタオルを汚れた部分に接するように置きます。水を含ませた歯ブラシで服の裏側から汚れの位置を確認しながら、汚れの外側から真ん中に向かってたたき、下のタオルに汚れを染みこませます。

水性ペン③a

2.汚れがタオルに染みたら、タオルの位置をずらし、汚れの色がタオルにつかなくなるまで歯ブラシでたたきます。

水性ペン④a

水だけで汚れが落ちない場合は、洗濯用洗剤を少し歯ブラシに含ませてたたいてから、水でよくすすぎましょう。

3.汚れが輪ジミにならないようにたたいた部分の境目をタオルでぬぐいます。

水性ペン⑥a

4.そのまま洗濯機で洗ってから、干します。こちらもすっきり落ちました。

水性ペン⑦a

今までは落ちないものとあきらめていましたが、意外に簡単に落とせました。夏休みには絵日記や水彩画などの宿題があり、子どもは洋服を汚してしまいがち。でもこのワザを使えば、落ちないシミに溜め息…なんてことにもサヨナラできそうです。

商品情報

トリートメントしながらすっきり洗うおしゃれ着用中性洗剤

エマール リフレッシュグリーンの香り

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-24 11:58:21

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!