夏本番、寝苦しい熱帯夜も扇風機だけで過ごしている自然派の人が約3割!

488563341a

 

夏も後半なのに、暑い日が続きますね。日中の暑さも嫌だけれど、もっと悩ましいのは寝苦しい夜の暑さ。きちんと熟睡しないと、暑さで弱った体を回復させることができず、夏バテを起こしやすくなるそうです。

つまり、夏を元気に過ごすには、熱帯夜をどう切り抜けるかがポイント!ということで早速、「マイカジスタイル マイカジ白書」でアンケートを実施してみました。

「熱帯夜、どうやって乗り切る?」

扇風機だけ 29%

冷房と扇風機を併用する 28%

冷房をタイマー設定する 28%

夜中じゅう冷房をつけっぱなし 15%

ふむふむ。冷房をつけっぱなしの人が1割強で、あとはだいたい3割弱で同率という結果になりました。

〈扇風機だけ〉派の人からは、「冷房をつけて寝ると翌朝だるくなるから自然の風がいい」という声が。特に女性はエアコンの冷風が苦手という人が多いようでした。また、「暑さにはわりと強いから、扇風機だけで乗り切れる」といった意見もありました。

〈冷房と扇風機を併用する〉派の人は、「扇風機で部屋の空気を撹拌すると、冷房の設定温度を高くしても寝苦しくない」、「家族全員が同じ部屋に寝ているので、扇風機を併用することで部屋全体に冷風が行き渡り、みんなが快適に眠れる」とのことでした。

〈冷房をタイマー設定する〉派の人からは、「明け方に冷房が切れるように設定すれば、朝まで熟睡できる」、「一晩中冷房をつけっぱなしにするのは、環境や電気代が気になる」という声が多数寄せられました。でも、「タイマーが切れると暑くて起きてしまうことがある」というお悩みもあるよう。

〈夜中じゅう冷房をつけっぱなし〉派の人は、「冷房をつけていないと、子どもにあせもができてしまう」、「暑がりの夫が、冷房が切れると目が覚めて寝不足になるから」など、お子さんやご主人のためにあえてつけている…という人もいるようです。

ところで各寝室で冷房をつけていると、どうしても電気代がかさみますよね。そこで、「高校生の子どもも同じ部屋で雑魚寝をして、一部屋だけ集中して冷やします」というご意見も。「合宿感覚で子ども達も楽しんでいるみたい。地球にもお財布にもやさしく、家族の絆も深まりますよ!」とのことでした。

まだまだ暑い日は続きそう。熱帯夜でもぐっすり眠れるように、今回のアンケート結果を参考にしてみてくださいね♪

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-21 23:04:16

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!