洗濯機のドライコースは何が洗える&どう洗う?ライターが実践しました

DSC03305b

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

「お出かけ着の洗濯」=「クリーニング店もしくは手洗い」との思い込みから、今まで洗濯機の〈ドライコース〉は使ったことのなかった私。でも、調べたところ、洗濯絵表示で「手洗い可」(新表示は)のものも、洗濯機の〈ドライコース〉で洗える場合があることを知りました。

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

しかも、おしゃれ着用中性洗剤「エマール」を使えば、衣類のダメージを防ぎながら洗え、〈ドライコース〉のやさしい水流でも汚れやニオイがすっきり落ちる洗浄力があるとか。今回は、洗濯機の〈ドライコース〉とエマールを使った洗濯にチャレンジしてみました。

ワンピースは、おうちクリーニングですっきりキレイ

友達の結婚式で着て以来、クリーニングに出さずに放置してあったワンピース。絵表示をチェックすると水洗い可能、つまり〈ドライコース〉を使って、家で洗えることがわかりました。

tearai2(新マークは)がついていたら洗濯機メーカーのウェブサイトなどの情報を参考に「手洗いマーク」に対応しているかどうかを確認しましょう。

洗濯前に、色落ちチェック。エマールの原液を目立たないところにつけ、5分後に白い布で軽く押さえて、色落ちがないか確認します。このワンピースは大丈夫そう。

DSC03278a

汚れやシミがあればエマールの原液をつけ、やさしく押さえてから洗濯するとすっきり落ちます。

あとは汚れた部分が表になるようにたたんでネットへ入れ、洗濯機へ。さらにエマールを加え、〈ドライコース〉を押して、脱水までおまかせです!

DSC03281a

脱水後はすぐ取り出し、軽くシワをのばして干します。ずり落ちないよう、幅広ハンガーにかけると安心。

DSC03289a

パーティー用のみならず、普段着でビーズやスパンコールがついているような「ちょっとおしゃれ」な服も、エマールなら安心して洗えます。

生地が繊細なマキシワンピも安心して洗える

薄手のマキシワンピは、生地が傷みがち。今まで手洗いで洗濯していましたが、これもネットに入れて、〈ドライコース〉+エマールで洗うだけ。脱水後はすぐに取り出して軽く振って整え、フリルなどの細かいシワを手で伸ばしてから干します。

DSC03296a

色あせを防ぐため陰干しに。2つ折りにして竿にかけ、風が通るように広げて干します。

デリケートなニットカーディガンも洗濯機でラクラク洗える

スリーシーズン使える薄手のニットカーディガン。たびたび着用していながら、クローゼットにしまいっぱなしだったのが気になっていたのでスッキリ。

DSC03294a

キレイに仕上げるためのポイントは干し方。ボタンは留めたままで、伸びないようにピンチハンガーなどの上に広げて平干しすれば、型くずれも防げます。

洗えないままクローゼットにしまったままだったり、今までは面倒な洗い方をしていたアイテムが一気にキレイにできて気分爽快。少し心配だった型くずれや風合いのダメージもなく、お気に入りアイテムも安心。

これからは洗濯機〈ドライコース〉&エマールを積極的に活用したいと思います。

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-19 10:51:40

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!