手洗いなしでスッキリ落ちる、泥汚れのつけおきテク

78617757b

 

わが家の2人の息子たちは、ともに野球部。練習から帰り、脱いだユニフォームや靴下は怖いくらいに真っ黒。汗と泥が繊維にまで浸みこんだような頑固な泥汚れは、見ただけでため息です。触るのも抵抗があるほどの汚れだけど、手洗いしないと落ちる気がしない。そこで、手洗いしなくてもラクでキレイに洗える方法を調べてみました。

すぐにつけおきスタートが基本

泥汚れがなかなか落ちない原因は、泥が水にも油にも溶けないからだそう。乾いてしまうと、さらに泥が繊維にしみこんで落ちにくくなってしまいます。そのため、子どもが帰ってきたら、できるだけ早めに洗濯を始めるのがベスト。もっとも、泥で汚れた靴下で家の中を歩かれるのも嫌なので、さっさと脱がせてつけおきをスタートさせましょう。

準備するもの

  • 泥汚れの靴下や衣類
  • アタック 高浸透リセットパワー
  • 洗いおけか洗面器

乾いた泥汚れは、あらかじめ、はたいたりもんだりして、できるだけ払い落としましょう。乾いた土が混じった状態で洗濯液につけおきすると、キレイな部分も汚してしまう可能性が。

 

水またはぬるま湯 泥汚れのつけおきテク

  1. 洗いおけ(洗面器)に水またはぬるま湯5Lを入れ、「アタック 高浸透リセットパワー」を「スプーン30L」線(スプーン0.4杯)まで入れて溶かし、洗剤液を作る。
  2. 汚れた靴下や衣類を入れて、一晩おく。 
  3. ほかの洗濯物と一緒に洗濯機で洗って干す。

色柄ものの場合、つけおき時間は8時間以内にしましょう。

本当に「ただつけおきしておくだけ」、という簡単テクで洗い上がりが劇的に変わるなんて、やらないのがもったいない。時短にもつながるので、ぜひ実践したいですね。

あの泥汚れの靴下を、手洗いしなくてもキレイにできるのは、すごくうれしいこと。つけおき洗いに適している洗剤を選べば、洗濯もラクにできることがわかりました。これで、練習から帰ってきた真っ黒な息子たちの姿を見ても、ため息をつかなくてすみそうです。

商品情報

体操服や靴下の手ごわい汚れも、つけおき洗いで見違えるほどキレイに仕上げる漂白剤入り洗濯用洗剤(粉末)

アタック 高浸透リセットパワー

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-21 23:08:29

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!