[人気ブロガーmegruさんに聞く]ハンガーを使って、クローゼットをスッキリ収納するワザ

IMG_1641b

大人気ブログ「メグメグの好奇心♪♪収納インテリア」を運営するmegruさん。プチプラ&プチDIYで誰にでもマネしやすい収納アイデアと、シンプルで機能的な収納スタイルが好評です。そんなmegruさんが実践している、ハンガーを使ったクローゼットの収納テクについて聞きました。

ハンガーで統一することで、クローゼットの収納量がアップ

megruさん専用のクローゼットは、幅80センチ弱で奥行きが50センチほどと、決して大きくはありませんが、収納はすっきり。

IMG_5593a

「ポイントはハンガーの種類を揃えること。ハンガー同士がぶつかることで出来る無駄なスペースを省き、多くの衣類をかけることができます」(megruさん)。

megruさんが愛用しているのは、特殊コーティングがなされたドイツ製のマワハンガー。幅が細いので衣類がより多くかけられます。特殊コーティングがすべり止めとなり、キャミソールやニットもかけられるのだそう。

クリップでエリア分けしておくと、服を選ぶ際に迷わない

ハンガー掛けの衣類は、トップス、ボトムス、長袖、コート…と書いたクリップでエリア分け。

IMG_1641a

「ジャンルごとに場所を決めることで、衣類を戻しやすく、何がどこにあるかわかるので、選ぶ時も迷わないですみます」(megruさん)。

IMG_1634a

「クリップは100均で買った携帯を立てるホルダーを利用していますが、洗濯ポール用の洗濯バサミや、リボンでも代用可能。ズレにくいものを選ぶといいですよ」(megruさん)。

ボトムスははさむ&吊るすだけのスピード収納がラクチン

以前、パンツ類は2つに折ってからクリップハンガーではさんで収納していたというmegruさん。「でも主人が面倒がって片づけてくれないので、折らずにそのままクリップハンガーにはさみ、吊るすだけの簡単収納にに変えました」。

IMG_4437a

するとご主人も会社から帰宅後、自分でハンガーに吊るして干してくれるようになったとか。

ちなみにクリップハンガーも、幅が細く収納量が増える、マワハンガーがおすすめだそうです。「家にあるハンガーはマワハンガーと(マワハンガーの)クリップハンガーの2種類のみ。主人と共用できるため無駄が出ず、片付けもラクです」

ハンガーの種類が統一されると収納量が増えるだけでなく、見た目もすっきり見えて気持ちがいいですね。多少費用はかかるけれど、コスパを考えれば安いものかもしれません。

取材協力:megruさん

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-19 10:52:35

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!