メイク、ワイン…おしゃれ着汚れの応急処置は洗剤液のちょい塗りでラクラク

76750443b

 

2016年12月より、衣類の取扱い表示が変更になります。※詳しい情報はこちら

ヘアアレンジやメイクに時間がかかってしまい、急いで出かけていったパーティ。帰宅後、着ていたワンピースを脱いでみると、首周りにメイク汚れが!なんてことはありませんか?しかも、パーティー中に不注意で付けてしまった赤ワインのシミなど、お気に入りの服を汚してしまうと大ショックです!!そこで、今回は、おしゃれ着についてしまったメイクやワインの落とし方を調べてみたのでご紹介します。

意外とつきやすいメイク汚れの落とし方

ファンデーション・口紅などのメイク汚れには、油分が含まれているので、液体洗剤をちょい塗りするのがポイントです。

用意するもの

  • シミ抜きしたい衣服の絵表示に合った液体洗剤
  • 乾いたタオル
  • 古い歯ブラシ

【従来】取扱い絵表示の見方

【新】新しい取扱い表示とは

メイク汚れによるシミの落とし方

    1. 乾いたタオルを2~4つに折り、シミのついた側がタオルに接するように衣類を置く。
    2. 液体洗剤の原液を少量シミのついた部分に塗り、歯ブラシでたたく。またはシミに液体洗剤を少量塗り、軽くつまみ洗いする。
    3. 歯ブラシでたたく場合は、タオルの位置を変えて、シミの色がタオルにつかなくなるまでたたき、次に水をつけてたたいて輪ジミにならないように境目をぼかしてすすぐ。
    4. タオルで水分を吸いとり、自然乾燥させる。

洗剤液は、中心にたらすとシミが広がり輪ジミになるためNG。まわりから中心に向かってたらしましょう。

毛(ウール)、絹(シルク)には、液体洗剤の代わりにアルコールを使用してもOK。

液体洗剤をつけすぎるとすすぎにくくなるので注意。

ワインの落とし方

ワインのシミもなかなか落ちないと思い込んでいたのですが、実は水に溶けやすい成分のため、基本的には水で落とせるそう。こちらの手順も確認していきましょう。

用意するもの

            • シミ抜きしたい衣服の絵表示にあった洗剤
            • 乾いたタオル
            • 古い歯ブラシ

ワインによるシミの落とし方

    1. 乾いたタオルを2~4つに折り、シミのついた側がタオルに接するように衣類を置く。
    2. 水をつけた歯ブラシで、シミの周辺から中心に向かってたたき、下のタオルにシミを移す。それでも落ちない場合は、洗剤を少量溶かした水を歯ブラシにつけてたたき、次に水でたたいてすすぐ。輪ジミにならないようにたたきながら境目をぼかす。
    3. タオルで水分を吸いとり、自然乾燥させる。

色素を含む落ちにくいシミ(ワイン・血液・インク)には、漂白剤が効果的。 白物は衣料用塩素系漂白剤、 色柄物は衣料用酸素系漂白剤を使いましょう。

もう取れないと思っていたファンデーション汚れも、歯ブラシで丁寧にたたいたらキレイになったので安心です。 おしゃれ着はデリケートな素材が多いからこそ、シミ汚れの応急処置は抑えておきたいですね♪

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-22 18:18:00

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!