家事ストレスから逃れるには、思い切って○○してしまえばいい!?

140403098

家にいることが多い女性は、家事のことを考える時間が増えてしまいがち。

例えば、洗濯カゴが目に入るたびに、「そろそろ洗濯しなきゃ」と考えたり、部屋がちょっと散らかっていると「片さなきゃ」と、頭の中で片づけのシミュレーションをしたり。

家事のことは、家事をする時にだけ考えればいいのに、洗濯カゴや散らかった部屋が視界に入ってしまうと、家事のことが頭をよぎってしまうのです。

今日はゆっくりしたい、と思っても、心からリラックスできない自分にイライラしたりして。

洗濯カゴを隠してみた!

それをなくすためにおススメなのが、「家事を視界に入れない」という方法です。

私の場合は、中途半端に洗濯物がたまった洗濯カゴが見えると、「そろそろ洗濯しなきゃ…」と考えてしまうのがストレスでした。それが嫌で、洗濯するほどの量でもないのに洗濯機を回してしまったことも。

そこで、ある時期から洗濯カゴの前にカーテンをかけて、視界に入れないようにしてみました。そうすることで、洗濯が頭から切り離されて、ストレスを感じる機会が減ったのです。

自分に合ったタイミングで家事をする

他にも同様に、

部屋がちょっと散らかっていると、片づけなきゃと考えてしまう

部屋の扉をしめたり、散らかっている物を一時的にカゴなどに入れて視覚に入らないようにする。片づけは時間を決めておき、まとめて片づける。

シンクにコップがたまっていると、見るたび気になってしまう

コップはシンクの見えない位置に置いておき、他の洗い物がたまってから一緒に洗う。

といった方法も家事を頭から切り離すのに有効です。

視界から受ける影響は意外と大きいもの。

自分にあったタイミングで家事ができるように視界をコントロールすると、ストレスも軽減できますよ。

 

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-24 17:57:25

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!