ライターが実践してわかった!食洗機を使っても汚れが落ちなかった理由とは

DSC_0694b

 

10年来、食洗機を愛用中の私ですが、実は、たまに汚れが落ちていなくて洗い直すことがあります。

たとえば、このお玉。カレーがついたまま乾燥されてしまっています。

DSC_0630a

これって、もしかして、私の使い方が間違ってるのでは?気になったので、食洗機のトリセツ(取扱説明書)を引っ張り出し、正しい使い方を再確認してみました。その体験レポートをご紹介します。

ポイント1:こびりつきや油汚れは、あらかじめゆるめて入れるべし!

トリセツによると、食洗機にセットする前に「食器の残さいや油汚れを取り除く」とありました。しゃもじにこびりついたご飯粒、食後でこびりついてしまった(カピカピになってしまった)カレーのルー、口紅の汚れなど、手洗いでも落としにくい汚れには、やはり最低限の“予洗い”が必須。

DSC_0662a

ふだん、面倒くさがって油汚れがちょっと固まりはじめたような器も「えいやっ!」と食洗機に入れていた私は、いきなり反省です。 油汚れやこびりつきはペーパータオルでぬぐったり、つけ置きしてゆるめるのが良さそうです。

DSC_0664a

ポイント2:食器は正しくセットすべし!

予洗いが済んだら、次に器のセットです。今まで自己流でセットしていたのですが、トリセツによると大皿、どんぶり、グラス、茶碗などそれぞれの器に合ったセット場所があることが判明。 さらに驚いたことに、セット例の写真を見ると、想像以上にたくさん入ってる! 

トリセツによると、食器をセットするときのコツは

  • 汚れている面を内側、下向きにしてセットする
  • 食器同士が当たらないようにする 
  • それぞれの器に合う場所にセットする  の3つです。

今まで夫と私の2人分だけなのに、食洗機に洗い物が入りきらない…ということがあったのですが、参考にしたところ、だいぶゆとりを持ってセットすることができました。

DSC_0694a

ポイント3:食洗機専用の洗剤を使うべし

そしていよいよ、洗剤を投入。もちろん、食洗機専用の洗剤を使いましょう! 

DSC_0686a

通常の台所用中性洗剤を入れると、庫内が泡だらけになって大変です。かならず食洗機用の洗剤を使いましょう。

今回使った「キュキュット ワンプッシュクリアジェル」はたんぱく汚れを分解する〈クリア酵素〉が配合されているのだそう!

ボトルタイプなので場所をとらないし、ワンプッシュするだけで適量が出るので使い勝手も抜群です。 

正しい使い方&洗剤選びで汚れがきれいに落ちて、ピカピカに!

今回、トリセツ通りに食洗機を使ったところ、どの器も一度でキレイになりました。心配していたカレーの器やお玉も、かるく予洗いしただけなのにすっかり汚れが落ちて「キュキュット」の洗浄力の高さを実感。

正しい食洗機使い&「キュキュット ワンプッシュクリアジェル」で洗ったお玉は、しっかりピカピカになっていました。

DSC_0652a

今まで、食洗機で洗った器に汚れが残っていても「仕方ないか…」と手洗いし直していましたが、それは自己流使いが原因だったと判明。食洗機ユーザーのみなさまには、一度トリセツを読んでみることをおすすめします!

商品情報

ワンプッシュで汚れスッキリ!たんぱく汚れを分解して落とす食洗機専用洗剤

キュキュット ワンプッシュクリアジェル

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-27 02:16:15

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!