ライターが実践!自宅でできるウィッグの簡単お手入れ方法

_DSF5624b

 

コスプレのほか、ファッションアイテムとしても定着しつつあるウィッグ。着用の機会は増えているものの、意外と知らないのが、お手入れ方法。そもそも洗ってもいいものなの?どうやって保管しておけばいいの?そんな疑問を、ウィッグ・エクステ専門店「アクアドール」広報の柴田さんに聞きました。

ウィッグは自分で洗っても大丈夫?

自分の頭に直接かぶるウィッグ。冬場でも汗をかく場所だけに、汚れやニオイが気になります。でも、どうやってお手入れしたらいいのかな?と悩んでいたのですが、自宅で洗っても大丈夫とのお答えが。しかも、市販のシャンプーやコンディショナーでOKなのだそう。

実際に市販のシャンプー&リンスで洗ってみた!

そうとなれば、さっそくウィッグのお手入れをスタート。

下準備

ウィッグを洗う前に、毛先から逆毛を立てるようにブラッシングして、全体のホコリを落としておきます。

ウイッグの洗い方

1.シャンプーを適量加えた水(またはぬるま湯)でやさしく押し洗いし、さらにコンディショナーを適量加えた水(またはぬるま湯)でやさしく押し洗いし、最後に水ですすぎます。

ウィッグシャンプー1a

お湯はカールが取れてしまうので、使用不可。

2.乾いたタオルに包んで水分を取り、 室内で寝かせた状態で自然乾燥させます。

ウィッグシャンプー4a

 

直射日光での天日干しはNG。

3.完全に乾いたら軽くブラッシングして形を整えます。

IMG_3332a

ウィッグ用オイルミストなどを使用すると、よりサラツヤな仕上がりになるそう。

私も実際にやってみましたが、とっても簡単。ウィッグの毛が抜けるようなこともほぼありませんでした。

ウィッグの保管方法

しばらくウィッグを使わないときには、下記の通り、保管しましょう。

  1. 軽くブラッシングし、汚れやホコリを落とします。
  2. 型くずれ防止用の紙をウィッグの中に入れ、毛先からウィッグの中心へ向かって巻き込むようにまとめる。
  3. ウィッグに同梱されていた薄いネットのなかにまとめ、ポーチや箱に入れて保管する。

いざ使おうと思ったら、毛にクセがついていたり、型くずれしていてかぶれなかったなんてことになっては大変。次回気持ちよく使うためにも、使用後のメンテナンスはしっかり行いましょう。

取材協力:アクアドール

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-21 23:07:31

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!