[駆除のプロに聞く!] ゴキブリが侵入する、意外なポイントに要注意!

駆除のプロに聞く! ゴキブリが発生する意外なポイントに要注意!

 

ゴキブリはエサを探し歩いて家屋に侵入しますが、それ以外にも原因があるってご存知ですか?

ゴキブリに特化した駆除を行うアルバトロスの佐藤さんに、意外な侵入原因を聞いてみました。

種類によって行動範囲が異なるゴキブリ

ゴキブリが発生する意外なポイントを知るために、まずゴキブリは種類によって生態が異なることを頭に入れておきましょう。

家庭に発生するゴキブリには、主に黒光りしていて体長が2.2~4cmのクロゴキブリと、薄茶色で体長が1.1~1.5cmくらいのチャバネゴキブリの2種類がいます。

クロゴキブリは、基本的には下水や土の中など屋外に巣を持ち、外から家屋に浸入。行動範囲が広く、数十メートルも歩きまわります。

チャバネゴキブリは、家屋や店舗内など建物内に巣を作って繁殖。行動範囲は0.5~1メートルと狭く、一度その建物に居つくとなかなか出て行きません。

つまり、特にチャバネゴキブリの場合は、行動範囲が狭く、人と近い場所で活動していることから、人間が持ち運んでしまうという発生原因があることに注意しなくてはなりません。

知らず知らずに媒介になる私たちの行動

スーパーや飲食店の厨房から連れ帰る

スーパーや飲食店の厨房はチャバネゴキブリが繁殖しやすい場所です。そこで働いている人はそこから成虫や卵(卵鞘)を連れ帰ってしまうことがあります。

注意したいのがユニフォームと靴の裏、そしてバッグです。

勤務中にユニフォームのポケットにチャバネゴキブリが入ってしまったり、ロッカーに入れている間にくっついてそのまま持ち帰ってしまったりすることもあります。

靴の裏はソールの凹凸に卵(長さ1cm程の薄茶色のもの)がはさまることがあります。

また、バッグの中にいつのまにか成虫が入ってしまうこともあるようです。

ユニフォームや靴、バッグに成虫や卵がくっついていないか一度外でチェックしましょう。

ビールケースや宅配サービスのカゴから発生

酒屋やスーパー等の宅配サービスを利用している人は、ビールケースや宅配サービスのカゴ(コンテナやショッピングバスケット等)に注意が必要です。

それらはチャバネゴキブリが巣を作りやすい飲食店やスーパーを経由するため、成虫や卵(卵鞘)がくっついていることがあります。

ビールケースやかごは家の中に持ち込まないように。家で開けなければならないときは新聞紙の上で開け、新聞紙はすぐにごみ袋へ。ごみ袋の口は厳重にふさいで捨ててください。

通信販売の受け渡し

ネットショッピングなどの通信販売を段ボールで受け取る際にも注意が必要です。

段ボールは、それ自体が暖かく隙間が多いため、ゴキブリにとって格好の隠れ場所になります。

また、通販商品は倉庫で管理されていることが多いものですが、倉庫は、湿気や暗さ・隙間・段ボールといったクロゴキブリの好むものがたくさんある場所。

商品や段ボールに成虫や卵(卵鞘)がくっついてくることがあります。

商品を開封する際は新聞紙の上で広げ、商品に成虫などがくっついていないか確認を。段ボールは家の中に置きっぱなしにしないようにし、ゴミの日までは玄関の外などで保管してください。

予防策からゴキブリとの戦い方まで。プロに聞く、ゴキブリ対策まとめ

取材協力:株式会社アルバトロス

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-18 14:01:35

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!