[人気ブロガーmkさん直伝]見違えるほどスッキリする押入れ収納術

Q1-2b

 

奥行きがあり、2段に分かれている押入れ。意外と収納法が難しく、ただものを詰め込む形になりがち。奥にあるものを取りだすときに大変な思いをしているという人も多いのでは。また、自宅の収納がクローゼットではなく押入れという場合は、ここに洋服なども収納しなくてはならず、頭を悩ませますよね。そこで、人気インテリアブログ「IEbiyori」を運営するmkさんに、押入れを余すことなく使い切って収納に活かすコツについて聞きました。

押入れを上手に使うには「仕切り」が大切 

押入れを細かく仕切って使っているというmkさん。「広い空間を仕切ることで、上に積み上げるだけの収納から開放され、ものの出し入れが楽になる」という大きなメリットがあるのだそう。

Q1-①a

仕切るコツとしては「重い敷布団と軽い毛布類を分けて収納して、目的のものを一度で取り出せるようにしたり、上段と下段を、大人コーナーと、子供コーナーとして分け、高さを生かした区切り方を考える」ことが大切とのこと。

意外!押入れの仕切りは簡単に作れる 

押入れを仕切るだなんて素人には難しそうと感じますが、mkさんが実践している方法なら、誰でも簡単にできます。

準備するもの

  • 同サイズの衣装ケース(複数個)
  • 押入れのサイズ(幅)にあった板

Q1-2a

 

写真のように、衣装ケースに板を載せて棚状にするだけ。これなら、積む衣装ケースの数によって仕切りの高さが変えられるので、目的にあった仕切り方が可能ですね。 すぐに真似できそうです。

ポールの取り付け位置を吟味 

また、押入れをクローゼット風に使う場合は、「天袋の側面や壁面にポールを取り付ける」のがおすすめとのこと。

Q1-3a

段差をつけてポールを設置することで、衣類が取りだしやすくなるようです。

押入れの掃除は衣替えの時期にしっかり!

布団や服の出し入れにともなって、意外とホコリが溜まりやすい押入れ。mkさんは、衣替えのタイミングで押入れ掃除を済ませているそう。「衣替え時は、衣装ケースの中身を一度空にするので、衣装ケースが軽くなるこの機会にすべて取り出して掃除するのがポイントです。掃除機でホコリを吸い取り、雑巾で拭いて仕上げています」。

確かに、中身を入れ替える衣替えのときに掃除を行えば、手間もかかりません。 押入れがスッキリしていれば、見た目や使い勝手も良くなるし、掃除だってしやすくなります。mkさんの収納術、さっそく見習いたいものです。

取材協力:mkさん

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-03-31 05:32:11

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!