[人気ブロガーmkさん直伝]家電の取扱説明書や保証書など、大事な書類の保管方法

Q2-②b

 

いざというときに必要になる家電の取扱説明書や保証書、保険証書や役所から送られてきた書類など。普段、読み返すことはほとんどないですが、トラブルに遭った際、すぐに見つからないと困ります。今回は、探しやすく、取り出しやすい大事な書類の収納方法を、人気インテリアブログ「IEbiyori」を運営するmkさんに聞きました。

家電の取扱説明書は取っておくべき?

「スマートフォンの普及で、家電の取扱説明書も手軽にネット閲覧できる今、わざわざ収納場所をとるのはもったいないですが、わが家ではスペースを決めて、そこに入る分だけは紙としてとっておき、入らない分はPDFで保管しています。紙でとっておいて良かった取扱説明書は、家電より子供のオモチャ。オモチャの電池を換えるときに、どこのネジをゆるめればいいのかパッと思い出せなかったのですが、紙の取扱説明書があったので、すぐに確認できました」。

取扱説明書の仕分け方法

取扱説明書の仕分けで重要なことは「ある程度のジャンルに分けること」とmkさん。

Q2-①a

家中の家電をフォルダーに分けて収納しています。例えば、エアコンは3台あるので、エアコンのフォルダーを作って1つにまとめたり、オーブンやホームベーカリー、炊飯器などは、キッチン家電としてまとめて、一括で管理するようにしています」。

「取扱説明書が必要なときは故障等が考えられるため、購入時の保証書も一緒に保管するのも大切です」(mkさん)。

取説類の保管方法、保管場所は? 

 

Q2-②a

取説はカテゴライズしてからフォルダーに入れ、それらのフォルダーをまとめてファイルボックスに収納しています。経験上、取説を確認することは年に一度あるかないかくらいなので、部屋の一等地に収納せず、納戸にまとめて収納しています」。

「フォルダーの見出し部分に家電の種類などを記したラベルを貼って、一目でわかるようにしています」(mkさん)。

その他、重要書類(保険証書や役所の書類など)の収納方法

 保険に関する書類は、保険の種類と被保険者に分け、ファイルケースに1枚ずつ入れて保管しているというmkさん。

Q2-③a

「その際、すぐに目的の証書を見つけられるよう、被保険者の名前と保険の種類を記載したラベルを貼り、一目でわかるようにしています。(例:「父・自動車任意」、「長女・学資保険」等々)」。

取説や書類の保管、管理ってちょっぴり面倒に感じますが、しっかり仕分けしておけば、いざというときに助かりそう。必要なときに困らないためにも、このような下準備は大切ですね。

取材協力:mkさん

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-03-31 05:32:21

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!