[ホテルオークラ東京に学ぶ!]テキパキきれいなベッドメイキング術

M979-16_700

ベッドリネンやタオルが気持ちよく整えられていると、寝室や洗面所がすっきりとするもの。

ホテルオークラ東京流のベッドメイキング術やタオルのたたみ方を自宅でも取り入れてみましょう。

枕カバーのセット方法

      1. 枕の中央に腕を割りいれて折り目をつけ、二つ折りにして片手で枕をもちます。その状態で枕をカバーの中に入れると枕がラクに入り、カバーに無駄なシワもつきません。カバーのシワをのばし、角がピンと張るように整えます。

        0619-002

        0619-003

      2. 次にカバーの先を折り返します。まず、下になっている方の先を内側に折り込み、次に上になっているほうの先を折り込みます。画像のように内側から手を入れて両脇に引っ張ると折り目がきれいにつき、手早く折り込めます。

        0619-004

      3. 最後にカバーの先を折り込んだ側を下に向け、折り目が見えないようにベッドにセットします。

シーツのかけ方

      1. シーツをマットレスの上にかけます。
      2. 角を折り込むときは、まず足元側の布をマットレスの下に入れます。次に、左手でマットレスを少し持ち上げ、右手で側面側の布を引っ張ってからマットレスの下に入れ込みます。折り目が三角形になるように意識して折り込むとキレイに仕上がります。

        0619-012

        0619-007

      3. 2の要領であと3カ所の角も足元側→頭側の順で、シーツをマットレスの下に折り込みます。

        0619-013

      4. 最後にベッドの両サイドに垂れている布もマットレスの下に入れ込みます。このとき、できれば2人で両側からシーツを引っ張りあいながら、マットレスの下に入れ込むと、きれいにシワなくシーツをかけることができます。

        0619-015

タオルのたたみ方

ホテルではタオルのフチが内側に隠され、ふんわりと丸くつけられた折り目がこちら側に見えるように置かれています。

これはタオルの柔らかい使い心地をイメージさせるため。

見た目でもタオルの気持ちよさを感じられるように工夫されているのです。

          1. 3分の1ずつ三つ巻きに折り込みます。このときフチが内側におさまるように少しずらすのがポイント。
          2. 同じように左右から3分の1ずつふんわりと三つ巻きに折り込みます。
          3. 折り目を外側に向けて収納します。

            0619-017

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-23 13:15:28

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!