訪問介護員が実践!介護現場の「尿臭」を徹底オフする方法

175003428b

 

僕はライター業と並行して、訪問介護も行っています。近所に住む高齢者のご自宅を訪問し、掃除や洗濯、食事づくりなど、暮らしのサポートをするのが仕事です。 いつも訪問するご家庭に、90代の老夫婦のお宅があります。おふたりとも、食事はご自身で行なえますが、掃除や料理、買い物はできないため、僕たち訪問介護員が定期的に訪れ、代行しています。

高齢者のご自宅で、よく感じるのがそのお宅特有のニオイ。とくに尿のニオイは残りやすく、これには多くの高齢者の方も悩んでいるようです。先日もこの90代のご夫婦から「ニオイをどうにかしたい」と相談を受けました。そこでオススメしたのが、介護現場特有の尿のニオイに向けて開発された商品「消臭ストロング」。実際にケアで使用してみることにしました。

ご夫婦がいつも過ごす空間を快適に。居間&寝室のニオイをすっきりオフ

特に尿モレが起きやすい場所は、高齢者が過ごす時間の多い居間や寝室。足腰の弱い高齢者の方は、寝たきりでなくても、トイレに行くことが間に合わず、時に失禁してしまうこともあります。そのニオイが室内にこもってしまうのです。そこでまず、衣類や布、空間用の消臭剤、「リセッシュ除菌EX 消臭ストロング」を使ってみました。

最初に使用したのは、とくにニオイが残っていた寝室の布団とマット、そして枕カバー。 それぞれ20回ほどスプレーします。自然なハーブの香りが、気持ちをさわやかにしてくれます。

DSC04631a

そして乾いた後、布団などのニオイを嗅いでみました。確かに、何度洗濯機で洗っても染みついて落ちなかった尿などのニオイが、見事に消えています! 

悪臭に対して、強い香りをつけてごまかすのでなく、スプレーがニオイを元から断った印象を受けました。 また、居間と寝室の空間にもスプレーをします。

DSC04639a

こちらも、それぞれ4~5回噴きかけるとニオイが消え、空気がさわやかになりました

ニオイがこもりがちなトイレや使用済みのオムツ入れにも消臭対策

次はトイレです。高齢者の方は、用を足すときに間に合わず、マットなどを汚してしまうことがあります。また使用後のオムツを捨てるゴミ箱から、ニオイが漏れることも。

そこでトイレのマットに、「リセッシュ除菌EX 消臭ストロング」を5回ほどスプレー。さらに使用後のオムツを捨てるゴミ箱にも、スプレーをします。

DSC04650a

トイレ内にこもってきたニオイが消え、スッキリした空間になりました。 「掃除をしてもらっても、消えないニオイだと思い諦めていた。これからはトイレが、もっと快適に使えるねぇ」と、おばあちゃんもうれしそうです。

気持ちよくお洗濯するために、「アタック 消臭ストロング」をプレゼント

通常、訪問介護では、洗濯の代行をするときには、いつもそのお宅にある洗剤を使いますが、今回は尿臭対策に開発された「アタック 消臭ストロング」をプレゼント。

DSC04603a

洗濯で使用して、洗い上がりの違いを確かめてみることにしました。

DSC04645a

アタック 消臭ストロング」で洗った後、洗濯物をベランダに干します。乾いた洗濯物をたたむとき、いつもは何度洗っても落ちなかった、繊維に染みついたようなニオイがしないことに気づきました。

DSC04669a

洗いあがったパジャマの着心地をおじいちゃんに聞くと、「いつもよりキレイな気がして、気持ちが良い」とのこと。おばあちゃんも、ニオイがすっきり消えたパジャマを着てうれしそうです。

訪問介護の現場では、所定時間内にやるべきことが多く、高齢者の方たちの「心地よさのケア」までは、手が回らないことがあります。 とくに一度染みついてしまった尿のニオイなどは、普通の掃除だけではなかなか消えず、介護を受ける方たちも、そのニオイをなかば受け入れてしまっているケースが多いよう感じます。

消臭ストロング」シリーズのような便利なケア用品を使い、介護を受ける人、また介護をする人たちのストレスが減り、快適さが少しでも増えていったら、と思います。

商品情報

衣料やお部屋の尿臭が気になる方に。

尿臭や体臭もすっきり落とす「消臭ストロング」

もらさない対策に。

はき心地で選ぶ 「リリーフ」

メイン写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-19 10:49:04

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!