要注意!冬の汗こそ濃くてニオイやすい!冬でも毎日洗濯したほうがいい理由

512750937b

 

みなさん、冬の洗濯ってどうしていますか?もしかしたら、「寒くて汗をかきにくいから、ほかの季節とくらべて、洗濯の回数を減らしている」なんていう人もいるかも。でもそれって、実は大きな落とし穴なのです。

冬は汗の成分濃度が濃くなる季節!

冬でもしっかり洗濯をしたい理由、それはこの季節にかく汗の濃度が「濃い」からなんです。汗をかきづらくなる冬場は、皮膚にある、汗を分泌する腺である汗腺の機能が低下しがち。そのためニオイの元となる、汗の成分濃度(=汗中の炭酸水素イオン濃度)が夏場よりも高くなりやすいのです。

汗の成分濃度が上がることで、バクテリアの繁殖量も増加

汗の成分濃度が高くなることで、活動を活発化させるのが人の皮膚に常在する菌です。この菌は汗に含まれる皮脂や老廃物、塩分などの成分をエサにして、腐敗させた後に悪臭を発生させます。このため、結果的に強い汗臭が発生しやすくなるのです

冬、ワキの下のニオイなどがとくに気になる人も多いかもしれませんが、実はこんなことが原因だったのですね!

においやすい冬だからこそ、こまめに洗濯しましょう

冬場のニオイを防ぐためには、ニオイ発生の元となる汚れを皮膚常在菌と反応させないことが大切。

汗をかいていないから…と洗濯頻度を減らさず、冬でもこまめな洗濯が大事なんですね。

酸素系衣料用漂白剤を使うと、洗剤だけでは落としにくいしみこんだ汗や菌までしっかり分解してくれるのでオススメです。

この事実を知るまでは、僕も冬の洗濯の回数を、夏場よりも減らしていました。“冬は汗臭くならないだろう”という全くの思いこみからです。

これからは、冬の洗濯や消臭対策、今まで以上にしっかりやっていきたいと思いました。

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-21 23:04:40

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!