もう舞い上がらせない!花粉シーズンのお掃除方法

450542483b

 

花粉の飛散時期が例年よりも早い、と予想されている今年。少しでも快適に過ごせるよう、わが家では空気清浄機をスタンバイして備えています。そして何より、この時期は掃除の方法にも大きなポイントがあるとか。今回は、住宅ライターの藤原千秋さんから聞いたアドバイスをご紹介します。

花粉シーズンの掃除に、はたきや掃除機がけはNG

この時期の花粉対策は、家に入り込んだ花粉をとにかく「舞い上がらせない」こと。

こまめに掃除をしているのに、くしゃみが止まらない…なんていう場合には、掃除することでかえって花粉を舞い上がらせていないか、見直してみる必要がありそうです。

藤原さんによると、まずNGなのが掃除機をかけること!

掃除機の排気により、花粉だけでなくハウスダストなども舞い上がるので、花粉で荒れた鼻や喉の粘膜が過敏に反応してしまうことがあるのだそう。

棚や家具などについた花粉を落とそうと、はたきをかけるのも、同じ理由でNG。

水拭きで、床にたまった花粉を除去

掃除機もはたきもダメなら、どうやって掃除をすればいいのでしょう?そんな疑問に応えて、藤原さんがすすめるのは、「水拭き」です。「朝一番に水拭きすれば、空気が落ち着いた夜の間に床にたまった花粉を一掃できます」(藤原さん)。

夜寝る前、「クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート」を分かりやすいところに出しておけば、起床してすぐに寝室やリビングの床にたまった花粉を拭き取ることが可能。朝が難しければ、外出先から帰宅した直後でもOKです。

棚の上の花粉は「クイックルワイパー ハンディ」で一掃

朝一番に床にたまった花粉を拭き取ることで、塵やホコリも一緒に除去できるので、リビングや寝室の掃除は基本これで完了!なんだか得した気分です。

ただし、もともと棚や家具の上などにホコリがたまっていると、花粉がくっついてしまい床に落ちてこないため、床を掃除する前に取り除く必要があります。はたきをかけると舞い上がるので、「クイックルワイパー ハンディ」を使って絡めとるのがおすすめです。

花粉の本格飛散に備えて「クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート」で朝一番の床拭きを試してみましたが、本当に床がスッキリして気持ちまでスッキリ!これで花粉シーズンも乗り切れそうな予感です♪

商品情報

花粉やホコリ・髪の毛・ハウスダストを絡めとりながら、食べこぼし・皮脂汚れ・砂ボコリをスッキリ除去するフロア用そうじシート(ウエットタイプ)

クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート 香り残らないタイプ

吸着性の高いファイバーが、花粉・微細なハウスダストまで舞い上げずに絡めとるリビング用ダストワイパー

クイックルワイパー ハンディ

取材協力:藤原千秋さん

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-04-30 08:18:38

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!