ノロなどのウイルス対策にも!親子で習慣づけよう! 正しい除菌手洗いの方法

DSC04684b

 

空気が乾燥する冬場は、インフルエンザやノロなど、ウイルス性の感染症にかかりやすいもの。普段集団生活を送り、大人より免疫力が低い子どもはかかりやすく重症化しやすいので、とくに注意が必要です。これらのウイルスから身を守るためには、手洗いやうがいが必須。今回は手洗いのタイミングと、楽しく実践できて、しっかり除菌できる手の洗い方をご紹介します。

外から帰った後、食事前、トイレの後は忘れず手洗い

手には無数の菌が付着していて、その菌が口に入ることでウイルスに感染します。トイレの後や帰宅後、ごはんやおやつを食べる前に必ず手を洗いましょう。動物と遊んだ後や、砂遊びの後などにも忘れずに。

順番にポーズを作って洗うと上手にできる

以下のようにハンドソープを使いながら、順番に手のポーズを作って洗うと、楽しみながら、きちんと手洗いができるそう。早速、実践してみました。

1.おねがいのポーズ…手のひらを合わせてスリスリ。

DSC04674a

2.カメのポーズ…親子ガメのように両手を重ねて手の甲をスリスリ。

DSC04682a

3.お山のポーズ…指と指を組み、三角のお山を作って指の間をゴシゴシ。

DSC04684a

4.おおかみのポーズ…オオカミのように、爪を立ててゴシゴシ。爪の間もキレイに。

DSC04685a

5.バイクのポーズ…バイクの運転のように、親指をつけ根からぐりぐり。

DSC04687a

6.つかまえた!のポーズ…手首を握ってぐりぐり。

DSC04689a

はじめから泡で出てくるハンドソープなら子どもでも簡単に洗える

「ビオレu 泡ハンドソープ」なら、最初から豊かな泡が出て来るので、子どもの小さな手指にもすぐにいきわたります。まだ上手に手を洗えない子どもでも、すみずみまで洗えて、ばい菌が汚れと一緒に流れ、きちんと殺菌、消毒できるそう。

今回はうちの子どもに体験してもらいました。親しみやすいお遊ぎ風のポーズなので、楽しみながら手が洗えたようです。まだまだ寒い季節、風邪やウイルスが心配なので、これをきっかけにしっかり手を洗う習慣ができてくれるといいなと思います。

商品情報

カサつきがちな手肌も、うるおいを守って洗えるハンドソープ

ビオレu 泡ハンドソープ

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-29 10:57:11

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!