「家事メン」デビューの男性から見る、「家事のここがわからない」

461294003b

 

家事を手伝ったつもりが、逆に家族から怒られてしまった経験はありませんか? 家事を手伝う気持ちはあっても、また怒られるのではと思って二の足を踏んでしまい、奥さんに「なんで、手伝ってくれないの!」と、ますます怒られるという悪循環…。今回は、この悪循環を抜け出し、奥さんに喜ばれる〈家事メン〉になるため、「食器洗い」「洗濯」「掃除」を手伝うコツをご紹介します。

食器洗いは手順がキモらしい!

実は、自分としてはカンタンだと思っていた食器洗い。きちんと洗っているのにもかかわらず、奥さんに怒られたことがありました。

というのも、最初に油がたっぷりついたフライパンから洗いはじめたため、他の食器に油汚れが移ってしまい、必要以上の洗剤や水を使ってしまったから。奥さんは水道代にシビアです。

そこで学んだのは、食器洗いは手順がキモということ。初心者マークの家事メンは、いきなり食器を洗い始めるのではなく、まずは「食べた後の食器は自分で下げ、水に付けておく」ことから始めましょう。

ご飯などのこびりつきを水でゆるめておくと、汚れが落ちやすくなり、洗剤も減らせるので、わが家ではこれだけでも喜ばれています。

洗濯機に入れる前にやるべきこと

奥さんの家事負担を減らしてあげようと、洗濯を手伝ったつもりが、ポケットの中にティッシュが入りっぱなしで、もう1回洗濯することになって怒られた…。こんな経験、みなさんもあるのではないでしょうか?

私もこれに懲りて、「ポケットの中は自分でチェックし、中身を出す」ようにしたら、奥さんからの評価が上がりました。また、「靴下は丸めたままにしておかない」など、洗濯前のひと手間を減らしておくことも大切。

こうしておけば、自分で洗濯機を回すときも安心です。

トイレを汚してるのは俺?

いつもキレイなのが当たり前になっているトイレ。もちろん、奥さんが掃除をしてくれているからです。実は、トイレのニオイの一因は壁にはねた尿なんだとか。

男性が立ったままする尿は、床や壁などに飛び散っているのだそう。だから、せめて用を足した後、自分で汚した壁や床は自分で拭くようにしましょう。 わが家では、私が便座の裏もこまめに拭くようにしています。

そうすると、「こんなところも掃除してくれてたんだ!」と、掃除のとき、奥さんに喜んでもらえます。

振り返ってみると、家事を手伝って怒られたのは、奥さんの家事ルールを無視したことが原因でした。よかれと思って手伝ったつもりがケンカの原因に…なんてことにならないよう、はじめる前に「コツはあるの?」と聞くのが大切なようです。そこから少しずつ手伝えることを増やして、奥さんに喜ばれる家事メンを目指しましょう!

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-21 23:08:52

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!