花粉対策しているのにナゼ!? 家の中でもくしゃみ連発の意外な理由とは…

DSC_0902b

 

花粉症の私にとって、まもなく辛~いシーズンがやってきます。家の中でもくしゃみや鼻水、目のかゆみと戦う日々。〈極力窓を開けない〉という花粉対策を徹底し、改善はしていますが、それでも「快適!」とは言いきれない状況。これ以上何をすればいいの!? と調べてみたところ、意外な盲点がありました!

盲点1:家の中に入った花粉は、繰り返し舞い上がっている!

家での花粉対策を調べてみて再認識したのは、「たとえ1日中窓を閉め切っていても、花粉の侵入を100%防ぐのは難しい」という事実。換気扇を回したり、玄関から人が出入りすることで花粉は入ってきてしまうのです。

家具や床に積もった花粉が、家族が歩き回る=空気が動くたびに舞い上がり、花粉症の症状を引き起こすのだそう!

つまり、花粉を舞い上がらせないように除去することが花粉対策の要。そこで試してみたのが、吸着性の高いファイバーが花粉やホコリを絡めとるという「クイックルワイパー ハンディ」です。 

DSC_0902a

棚やエアコンの上、照明の傘などに積もった花粉がさっとひと拭きでスッキリとれるので、花粉を舞い上げずお掃除できます!

DSC_0897a

盲点2:ベッドやソファにも花粉は積もっている!

さて「積もった花粉を除去する」ことに目覚めた私が、次に向かったのは寝室です。

例年、特に夜寝るときに花粉症の症状が現れるのは、ベッド周りに花粉が積もっているからなのでは!? と思い、対策を調べたところ、掃除しにくいファブリック類には「クイックル 舞い上がりをおさえるハウスダスト除去スプレー」を使ってケアするのが良いと判明。さっそく寝具にスプレーしてみることに。 

kahunA

このスプレー、ミネラル成分が花粉やハウスダストを包んで固め、舞い上がるのを抑えるだけでなく、手で払うだけで取り除けるようにしてくれるのだそう。

窓からの花粉を吸い込みそうな寝室のカーテンにもスプレー。

DSC_0874a

そのあと手で払ってみました。 

DSC_0878a

払い落とした花粉は「クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート」でお掃除。

DSC_0890a

ベッド周りの花粉をしっかり除去できるので、安心して眠れそうです。

盲点3:玄関前で服を払うだけでは、花粉を落としきれない!

わが家の花粉対策に盲点が多々あったことを知り、衣類の対策も見直すことに。すると、玄関の外で花粉を払い落としただけでは、花粉を取りきれていないことが判明しました。

とくにこれからの時期に欠かせないニット類は、繊維の奥に花粉が入り込みやすく、しかも静電気が花粉を吸着するため、なおさら家に持ち込みやすいのだとか! 払っても落ちない、とあれば洗濯です!

花粉対策には、 「繊維の奥に入り込んだ花粉をしっかり除去する」ことと、「静電気を防ぐ」という2つの要素をクリアする洗剤と柔軟剤を選ぶことが重要なのだそう。

そこで、繊維の奥まですっきり洗い上げ、部屋干しのニオイも防いでくれる洗剤「アタックNeo抗菌EX Wパワー」と、柔軟成分が繊維をコートし静電気を起きにくくするだけでなく、抗菌・防臭効果のある「ハミングFine」を選んでみました。

使ってみると、部屋干ししたのにイヤなニオイがありません!またふんわりとした洗い上がりで、しかも、静電気も気にならないという着心地のよさにうっとり♡

DSC_0913a

万全と思っていた花粉対策に落とし穴があったことはショックでしたが、室内で快適に過ごすための対策やアイテムを知ることができ、大満足! もっと室内を快適空間にして、花粉の季節でも「家の中ではくしゃみゼロ」を目指したいと思います♪

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-04-26 09:03:09

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!