知っておきたい!洗濯ネットの種類と、選び方は?

87510423b

 

洗濯ネットにはいろいろな種類がありますね。私も数種類を持っていますが、今までどんな衣類にどのネットが適しているのか、あまり考えずに使用していました。そこで、今回は、洗濯ネットの種類と選び方について、家事アドバイザーの毎田祥子さんに聞きました。

編目の粗さ別・ネットの特徴と選び方

洗濯ネットにはさまざまな種類があり、おもな違いはサイズ(大・中・小)、網目(細かい・粗い)、形(立体的・平面的)の3点です。この他、ブラジャーなどアイテムに適した工夫がなされたネットもあります。

・目の細かいネット…色柄ものや装飾のついたもの、ブラやストッキングなどデリケートな衣類を、洗濯による傷みや型くずれから守ります。また、タオルの毛羽や色移りの予防にも適しています

・目の粗いネット…衣類についた汚れや糸くずなどを外に出しながら中身を守ります。傷みや色移りは防ぎたいが、汚れがとても気になる、という場合に使いましょう。

サイズ&形別、ネットの特徴と選び方

大物を洗うときや、同じ種類の衣類をまとめて入れたいときは大きいサイズ、下着など摩擦に弱いものは小さめのジャストサイズが適しています。

・丸型や筒型、フットボール型…中で衣類が動きやすいので、汚れ落ちがよくなるメリットがあります。

・角型で薄いもの…中のものを動きにくくすることで傷みやシワを防げます

大きいネットに少量の衣類を入れると中で洗濯物が動きすぎ、シワができやすくなります。

小さいネットに大量の洗濯物を入れると、表面に出ていない部分の汚れが落ちにくくなるので、注意しましょう。

アイテム別、専用ネットの特徴と選び方

毛布など大物洗い用から、シャツ用、セーター用、ブラジャー用などアイテム別のネットもあります。下着用の小さめのものシャツやニット用の角形のもの、毛布など大物用のものを揃えておくと、さまざまな洗濯物に対応できて便利。また大きめネットが数枚あると、色柄ものや子どもの衣服をより分けるなどの使い方もできます。

わが家にある洗濯ネットは100均のものなのですが、毎田さんによると、「最近では100均の洗濯ネットも、ファスナーが引っかからない工夫がされているなど細かい部分まできちんと作られているものが多い」とのことなので、安心しました。ただ、「値段の高いものは、作りがしっかりしていいて長持ちしやすい、寸法が絶妙である」などのメリットがあるそうです。使い方や使用頻度に合わせて選びたいですね。

取材協力:家事アドバイザー 毎田祥子さん
写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-04-30 00:29:05

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!