春に向けて女子力UPを狙おう!おすすめアイロン&衣類スチーマーはコレ

462043057b

 

パリッとアイロンのかかったシャツやハンカチ、気持ちがいいですよね。アイロンがキレイにあたったハンカチを使っている女性を見るたび、女子力が高いな〜と感心します。ズボラな私にはなかなかマネできない習慣ですが、高性能なアイロンがあれば、使ってみたい。今回は、今、注目しておきたいおすすめ機種について「パナソニック」でアイロンのマーケティングを担当する巽 敦子さんに聞きました。

最近は、お出かけ前にさっと使える衣類スチーマーが人気上昇中

近年は、使い勝手のいいコードレスタイプで、軽やかなスチームアイロンが人気だそう。 「特に、アイロンベース面(底板)のすべりがいいタイプがかけやすくて好評です。また、ハンガーにかけたままシワをのばせる衣類スチーマーも人気があります」(巽さん)では、具体的にどのような機種がおすすめなのか、聞いてみました。

すべりのよさはピカイチ。機能も充実のコードレススチームアイロン

アイロンのおすすめナンバーワンは、アイロンじわができにくいコードレススチームアイロン「NI-WL702」。

NI-WL702a

一般的なアイロンのベース面は、前後が決まっているため、かける際に方向転換をしなければならなかったり、後ろに動かすと布地にシワがつきやすかったりと、使いにくかったのですが、こちらは前後対称の「Wヘッドベース」だから、持ち替えることなく、前後左右どの方向にもスイスイ♪

また、ベース面の素材は、ステンレス地にニッケルコーティングを施した「ミラーマジ軽」を採用しているから、すべりのよさは抜群。力を入れずに動かせるので、アイロンがけがこんなにもラクだったなんて、と驚くこと請け合いです。 「衣類のシワがとれにくい綿や麻素材にアイロンをかける機会が多い方は、特におすすめ」(巽さん)。

集中的にかけられる「マイクロスプレー」機能があるので、綿や朝のガンコなシワに細かい水粒子が入りやすく、ビシッとシワがのびやすくなるそう。

商品情報

パナソニック「コードレススチームアイロン NI-WL702

価格、機能など、バランスのとれた1台

リーズナブルだけど、オールマイティーに使える1台がほしいという方には、コードレススチームアイロン「NI-WL602」がおすすめ。 こちらも、「NI-WL702」と同じく、「Wヘッドベース」だから、持ち替えずに前後左右スイスイ。戻りじわがないから、アイロンがけの時短にもなり、忙しいママの強い味方。

NI-WL602a

当社通常スチームのスチーム量約21倍のハイパワーショット機能つきで、厚手のニットもふっくら仕上げます。またハンガーにかけたジャケットのシワを取るハンガーショットなどもあり、スーツをよく着る方にも重宝します」(巽さん)

商品情報

パナソニック「コードレススチームアイロン NI-WL602

たった30秒で使用可。お出かけ前に気になったシワもサッとお手入れ

時間をかけず、手軽にシワとりをしたいという方にもってこいなのが、衣類スチーマー。こちらは、電源を入れて、わずか30秒で使用可能。アイロン台なしで、ハンガーに吊るした衣服のシワとりができるだけでなく、ニオイケアまでできてしまうという一石二鳥のスグレモノ。

スチーマーFS310-a

かけ面がラウンド形状になっているので、フリルなど立体的な衣類にもフィットしやすいので、特にふんわりとした洋服が多い女性におすすめ。シワをのばすだけでなく、風合いもよみがえらせてくれます。本体もコンパクトなので、置き場所をとらず、サッと使えることも人気の理由です」(巽さん)。

商品情報

パナソニック「衣類スチーマー NI-FS310

きちんと仕上げたいものにはアイロンをしっかりかけ、出かける前にさっとシワを伸ばしたいといった時は衣類スチーマーと、今は使い分けるのがベター。そうとわかれば、アイロンと一緒に衣類スチーマーも手に入れて、「アイロン上手、シワ知らず」を目指したいと思います!

取材協力:パナソニック

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-19 10:47:00

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!