PM2.5が気になる!洗濯物を外に干せないときのお洗濯方法

177375797b

 

そろそろPM2.5や花粉の季節。特にPM2.5は、黄砂の影響を受けやすい西日本に住む私にとって、とっても気になるところです。洗濯物を部屋干しする機会が増えますが、憂うつなのは雑菌による生乾きのニオイ。今回は、それを防ぐお洗濯のコツをおさえて、快適に乗り切る方法をご紹介します。

洗い方の工夫で菌の繁殖を抑える3つのコツ

1.洗濯物は適量を守る

洗濯物の量の目安は、洗濯機の大きさの7〜8割。入るだけ詰め込んだり、途中で洗濯物を追加して入れたりすると汚れが落ちにくくなってしまい、ニオイの原因になります。

2.すすぎには水道水を使う

エコのため、お洗濯にお風呂の残り湯を利用する家庭も多いですよね。「洗い」の時は残り湯で十分ですが、残り湯の汚れや菌を衣類に付けないため、「すすぎ」の際には清潔な水道水を使うようにしましょう。

3.洗濯物はできるだけ早く洗う

汚れているものを放置していると、時間とともに菌が増えてしまいます。毎日洗濯しない場合、洗濯物は通気性のよい洗濯かごに入れておくようにして、ためこまずできるだけ早めに洗うようにしましょう。

洗剤、柔軟剤選びも重要なポイント

菌を増やさない洗濯のためにうまく使いたいのが、洗剤と柔軟剤です。

洗剤は除菌効果のあるものを使うことで、衣類の菌はもちろん、洗濯槽のカビの繁殖も抑えることができます。 また、柔軟剤も抗菌効果があるものを選べば、干している間から着用中までその効果が持続して、気になるニオイも抑えてくれます。

干し方の工夫でニオイを抑える

菌が増えればニオイやすくなる。それなら菌を増やさないよう、早く乾かしてしまうのが一番ですね。そのために、洗濯物を干すときには、衣類同士がなるべく重ならないようにすること。除湿器や扇風機の風を直接あてるのもおすすめです。

また、干す前に除菌消臭効果のあるスプレーを吹きかけておくとさらに効果的。PM2.5や花粉がつきにくくなるという効果もあるので、室内干しのニオイ予防対策だけでなく、やむをえず外に干す時にも、ぜひ使いたいアイテムです。

部屋干しの嫌なニオイを防ぐ最大のポイントは、とにかく雑菌を増やさないこと。 衣類の菌はもちろん、洗濯槽の菌やカビにも注意して、外で干すのと同じくらい気持ちいい部屋干しができるといいですね。

商品情報

抗菌・漂白剤配合で、ニオイ菌にジュワッと発泡する洗たく用洗剤

アタックNeo抗菌EX Wパワー

抗菌センサー効果でニオイ菌の増殖を防ぐ柔軟剤

ハミングファイン リフレッシュグリーンの香り

除菌はもちろん、24時間抗菌で菌の繁殖まで防ぐ衣類・布・空間用 消臭剤

リセッシュ除菌EX 香り残らない

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-29 10:58:44

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!