PM2.5で、布団やマットレスを外に干せない時の対処方法

dv1909024

 

冬から春にかけて不安定な天気が続くこの季節は、布団干しのタイミングが難しいですよね。私は西日本に住んでいるので、PM2.5や黄砂の濃度が高いこの時期、布団干しには気を遣います。今回は、布団やマットレスが外に干せなくても、寝具を清潔に保つためのポイントをご紹介します。

布団が吸った湿気を逃すのがポイント

布団は、私たちが寝ている間にかいた汗を吸っているので、実は、朝、湿っているのです。だから、起きてすぐ、押し入れやクローゼットに入れてしまうと、その湿気が布団にこもってしまうので、菌が増えてニオイやカビの原因となります。

布団に空気が通るように、しばらく椅子に掛ける、除湿器を使うなど、湿気を追い出してからしまうようにしましょう。敷いてある布団の下に、缶などのつっかえを置くだけでも、布団の下の湿気を逃がすことができます。

掃除機、布団クリーナーを活用する

大気汚染が気になる人はもちろん、布団を干せる昼間に家にいないという人にも最近人気なのが、布団乾燥機や、アレルゲンを吸引する布団クリーナーです。 ハウスダストやダニなどアレルギーの対策として、天日干しとともにうまく活用してみるのも一つの手です。

干せないマットレスも除菌のスプレーで安心

そもそも洗うことも干すこともできない、大型のマットレス。型崩れを防ぐため、また湿気がこもらないようにするためにも、定期的にマットレスの向きや裏表を変えて使いましょう。そして、布団と同じように下に缶を置くなどして、マットレスの下の湿気を追い出すことが重要です。

また干せないものにこそ使いたいのが、除菌スプレー。繊維の奥で増える菌をしっかり除去すれば、気になるニオイもおさえることができます。

外に干せない時でも、家電や除菌スプレーを活用して、清潔な寝具でぐっすり眠りたいものです。

商品情報

せんいの奥まで浸透して原因菌を除去し、汗などのニオイも元から消臭・除菌する衣類・布・空間用 消臭剤

リセッシュ 除菌EX 香り残らない

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-21 23:03:55

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!