どのぐらいお金をかけている? みんなのクリーニング利用事情

200538964-001

 

突然ですが、皆さんはクリーニングをどのぐらい利用していますか? 最近は、さまざまな衣類に対応した洗剤や洗濯機のコースがあるため、オシャレ着はもちろん、コートや毛布に至るまで自宅で洗っているなんて人も多いのではないでしょうか。そこで、今回はクリーニングの利用回数と支出金額について調べてみたので、ご紹介します。

クリーニングの支出金額、利用回数とも、年々減少傾向

総務省統計局「家計調査」によると、2001年度のクリーニングにかける支出金額は一世帯当たり年10,934円、利用回数は年7.9回でした。それ以降、金額は1万円を切り、利用回数も8回から、7回、6回…と、年々減少しています。

ただ、2001年度と2013年度調査を比較すると、1回のクリーニングに使う金額はほぼ変わりません。つまり、単純に利用回数が減ったのだというのがわかります。

クリーニングを利用する回数は、年に約5回

その2013年度調査では、クリー二ングを利用する回数は、年間4.9回でした。ご主人のワイシャツなど、週1ぐらいでクリーニングを利用している人が多いのではと思っていたので、これは意外な結果でした。皆さん、ご自宅で洗濯&アイロンがけをがんばっているのですね。

ウチの主人はスーツ着用ではないので、クリーニングを利用するのは季節の変わり目と冠婚葬祭の時ぐらいで、年4回ほど。少ないほうかなと思っていましたが、平均的ということがわかりました。

クリーニングにかける金額は、年間約7,000円

同じく、2013年度調査を支出金額で見てみると、年間6,988円でした。上記の平均回数で計算すると、1回当たり約1,400円。これまた意外にもかなり抑えられた金額で、皆さん上手に家計をやりくりしているのですね。

一般的にクリーニングを利用する回数が減っているとはいえ、シミ抜きや革など特別な素材を使った衣類、カーペットや羽毛布団といった大物などは、やっぱりクリーニングに出すと安心します。

自宅での洗濯とプロに任せるクリーニングを上手に使い分けて、衣類もインテリアも、いつまでも大切に、長く愛用したいですね。

出典=総務省統計局「家計調査」家計収支編 家計調査(家計収支編 二人以上の世帯 詳細結果表) 年次-2013年

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-24 12:01:48

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!