6年間大事に使うためのランドセルのお手入れ方法

お手入れ方法イメージ

 

ランドセルは毎日使うものだから、大事にケアしてキレイをキープしたいですね。今回は、ランドセルの人気メーカー「セイバン」広報宣伝部の井上さゆりさんに、人工皮革製のランドセルの扱い方や、お手入れ方法について聞きました。

ランドセルの正しい保管方法

人工皮革製ランドセルは頑丈なので、基本的に雑な扱いをしなければ問題ないですが、「当社の場合、保管するときは、基本的にランドセル上部にある吊りカンと呼ばれる金具で吊り下げるようにしていただくよう、おすすめしています」と井上さん。

雨に濡れたランドセルのお手入れ方法

井上さんによると「できるだけ早く乾いた布で水分を拭き取り、日陰に干せば大丈夫です」とのことでした。

ちなみにセイバンのランドセルははっ水性のある素材を使っているので、水分を吸い込んで重くなったりする心配はないそうです。

レインカバーをかぶせたままにしておくと、取り外すときに表面のはがれやキズの原因になるので、帰宅後、すぐに取り外しましょう。

ランドセルの内側や表面が汚れたときのケア方法

「ランドセル内側の軽い鉛筆汚れは、消しゴムを使って消せば大丈夫。その際、消しゴムの白い部分を使ってください。表面の汚れが目立ってきたら、水で薄めた台所用中性洗剤を浸した布で汚れを拭き取り、固くしぼった布で水拭きしてください」と井上さん。

ランドセル表面に消しゴムを使うのは、キズの原因になるので使用は控えましょう。

牛革製のランドセルはお手入れ方法が異なるので、販売元に確認しましょう。

私も長男が4月から1年生なので、正しい保管方法やお手入れについて教えて、大切に使わせたいと思います。

取材協力=セイバン

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-21 23:02:36

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!