模様替えで広く見える部屋に! たった2時間でこんなに変わった!

main

 

私の部屋は6畳で、広さは10㎡弱。実家暮らしなので、一人の時間を過ごすには十分な広さですが、雑然として見え、ちょっと窮屈に感じていました。もっと開放感のある居心地のいい空間にしたい! そこで、春を迎えることだし、模様替えを決意。IDÉEのディスプレイ担当・小林夕里子さんに「部屋を広く見せる模様替え」のコツをお聞きし、実践してみました。

小物や本のディスプレイとファブリックを変えてみると、なんと、2時間ほどで見違える部屋に! そこで「部屋を広く見せる」模様替えのポイントと、効率的な模様替えの手順をご紹介します。

「部屋を広く見せる」ために押さえたい模様替えポイントは3つ

模様替え前の部屋は、こんな状態。部屋の大部分を占めるベッドのカバーの色が強く、目立っています。また、本棚には本が隙間なく、いっぱいに入っている状態です。 1a 今回、小林さんにうかがった「部屋を広く見せる」ポイントは、以下の3点。

  1. 「ゴールデンライン」を意識する
  2. 「色の効果」を利用する
  3. 「左から右へ」「上から下へ」のディスプレイ

これらをふまえて、この部屋を模様替えを実践していこうと思います。

まずは部屋の「ゴールデンライン」を決める!

ゴールデンライン」とは、目に入りやすい高さのこと。もともとは、お店の陳列で人気商品や売りたい商品を並べる、お客さんの一番目につきやすい高さのことを指すそうです。

部屋のゴールデンラインは、普段、自分が部屋のどの場所で長く過ごすかで変わります。 例えば私の場合、休日、部屋にいるときはソファ代わりにベッドに座ってテレビを観たり本を読んだりすることが多いので、ベッドに座ったときの目線の高さ120cmあたりが、ゴールデンライン。ちょうどテレビ画面ぐらいの高さになります。 3a 今は、よく観るテレビのほかに、読みかけの本やリモコンを置いています。よく目につくところに物がいっぱいあると、雑然しているように感じてしまうので、この棚の上は、テレビ+お気に入りのものを飾るディスプレイ空間にし、物をたくさん置かないようにしようと思います。

また、柄の入った薄緑のカーテンも、壁の色に合わせて白い無地のカーテンにかけかえます。

そして、もうひとつ、圧迫感を感じさせる要因が、本棚。背の高い本棚の中に本をぎっしり詰め込んでしまっています。不要な本を整理して量を減らしたり、収納の仕方を工夫したりして、少しでも軽く見せるようにしたいと思います。 4a

いよいよ実践! 家具の配置替え・整理は、お掃除しながら

模様替えに入る前に、テレビ台や棚に置いてあった本や小物を部屋の外に置いておきます。また不要な本もこの時点で整理してまとめておきました。 5a さらに、家具を動かすときになるべくホコリが舞わないように、家具の上に積もったホコリや、床のホコリを、「クイックル ワイパーハンディ」や「「クイックル ワイパー」で取り除いておきます。 6a 7a

模様替え中は、ホコリを立てずに掃除ができる「クイックルワイパー ハンディ」や「クイックルワイパー」をそばに置いておくと○

下準備が終わったら、本格的に模様替え。カーテンをかけ替えるので、この周囲から始めます。カーテンの前のテレビ台を動かしてみると、壁が黒ずんで汚れていたので、「かんたんマイペット」をスプレーした布で拭き、キレイにしました。 8a

家具に隠れていた壁は、ホコリなどで汚れているもの。模様替えで家具を動かした際に、ふだん手の届かない箇所も拭いておきましょう。 

カーテンの色を利用して、部屋を広く見せる

色の比率は、部屋の印象を大きく左右するのだそう。特に、部屋の中でも大きな割合を占めるカーテンとベッドカバーは、同系色にすると統一感のある落ち着いた雰囲気にできるそうです。そこで、まずカーテンを壁に合わせ、白色のものにかけ替えました。 9a さらに、ベッドカバーは少し茶色がかった、アイボリーに変更。家具や床の色が茶系なので、白い壁と茶色い家具の中間のアイボリーを入れることで、部屋に一体感が生まれました。 10a かけ替えたカーテンやベッドカバーには、リセッシュをスプレー。香りも部屋の印象を決める要素のひとつなので、模様替えのリフレッシュ効果が高まります。 11a

リセッシュをスプレーしておくと、手で払うだけでハウスダストを落とすことができ、以後のお手入れも楽になります。 

ディスプレイは「左から右へ」「上から下へ」のルールでまとまりよく

最後に、部屋の外に出していた小物をディスプレイします。人の目の動きは、自然と左から右へ、上から下へと動くので、それを意識して物を配置することで、心理的にも視覚的にも落ち着いた空間になるのだそうです。

そこで本棚の本や小物は、左に小さなものや色の薄いもの、右にいくにつれて大きなものや色の濃いものを置くように。また、上の方に軽めのもの、下の方に重めのものを配置します。 本棚にはぎっしりと詰めず、余裕を持たせて置き、いちばん上の段には本を置かないで、お気に入りの小物を飾りました。また、何冊か好きな本の表紙が見えるように置くことで、かなり印象が変わりました。 12a 最後に「クイックルワイパーハンディ」と「クイックルワイパー」で仕上げ掃除をして完了! 以前の部屋よりも、すっきりと広く見えるようになりました!

2a

しかも、模様替えをすると、普段掃除できない場所もお掃除できるので、心もなんだかすっきり。これからも定期的に模様替えをしたいな、と思いました。 

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-05-25 06:25:21

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!