こうすればスムーズ! 家事代行をお願いするときのポイント

180240533b

 

いざ家事代行にお願いすると決めても、初めての依頼は不安なもの。ハウスキーパーさんへの依頼のコツや注意点を家事代行マッチングプラットフォーム「タスカジ」の和田幸子さんに聞きました。

「タスカジさん」を選ぶときのコツ

「タスカジでは、ハウスキーパーさんのことを『タスカジさん』と呼んでいます。『タスカジさん』を選ぶ時は、webサイトでプロフィール、レビュー、ランクをしっかり確認してください。どんなことが得意なのか、他のユーザーさんが以前、どんな家事をしてもらって、どうだったかをチェックし、選ぶときの参考にしましょう。

ただ、最初はお試しくらいの気持ちでお願いしてみるほうがいいと思います。家事のやり方も個性がありますので、最初から依頼者の要望に合ったやり方で完璧にこなしてくれるケースは少ないかもしれません。

1~2回依頼して、コミュニケーションをとりながら少しずつ細かい要望を伝えて、自分に合うかどうかを判断するのがいいと思います」(和田さん)

優先的にやってほしいことを依頼する

「自分は『タスカジさん』に何をお願いしたいのか、明確にしておくことが大切です。

基本のお仕事時間である3時間でどれくらいできるかわからない場合は、優先順位を自分の中で決めて、順位の高いところからしてもらうといいですね。やってもらいたいことを少し多めに考えておくといいと思います。

当日、『タスカジさん』が来たら、まずやってもらいたいことをすべて伝えます。掃除ならやってもらいたい場所をすべて見せましょう。そして、汚れ具合や広さでどこまでできるかを相談するといいと思います。その後は、『タスカジさん』に任せてしまって大丈夫です。

『タスカジさん』とは、事前に話をすることはできませんが、web上のメッセージでやり取りすることは可能です」(和田さん)

来てもらった時に気をつけることはある?

「トラブルがあってはいけないので、必ずして欲しいのは貴重品の管理です。また、触って欲しくないところを伝えたり、高級なグラスやコップなど、大切なものは事前に片づけておくといいでしょう。

信頼関係ができた場合は、鍵を預けて留守中の家事をお願いすることも可能です」(和田さん)

初めての場合は、何をどのくらいお願いできるのかわからず不安ですが、『タスカジさん』ときちんとコミュニケーションをとることで、より効率的に利用することができるのですね。参考になりました。

取材協力:家事代行マッチングプラットフォーム「タスカジ」

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-23 10:34:25

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!