旅の荷物を大幅減! カバンが軽くなる旅先コーデの法則とは?

178607548b

 

最長でなんと12連休となる今年のGW。旅行へ出かける人も多いのでは? 長期旅行のお悩みといえば、荷物が増えること。そこでパーソナルスタイリストのrisaさんに、旅の持ち物の大半を占める「洋服」を減らすコツを聞きました。

1週間の旅行なら、上下合わせて6枚でOK!

旅の荷物を減らしたいと思いながらも、ついつい多めに準備しがちな洋服。一体、どのくらい持っていくのが正解なのでしょう。早速risaさんに伺うと「1週間程度の旅行なら、トップスとボトムスが3枚ずつあれば十分です」という驚きの回答が!

トップス枚数×ボトムス枚数=組み合わせのバリエーション。つまり、トップスとボトムスが3枚ずつあれば、9通りのコーディネートができるのです。

これなら荷物が大幅に減る予感♡ 

いつもの旅コーデをブラッシュアップ!

続いては、トップス3枚×ボトムス3枚で9通りの旅コーデを作るべく、具体的なアイテム選びのポイントを聞きました。

フォーマル〜カジュアルまで幅を持たせて

旅先でのTPOに合わせて、トップス、ボトムスそれぞれ「フォーマル」「カジュアル」「その中間」のスタイルを意識した1枚ずつをチョイスします。

例えば、ディナーにはフォーマル×フォーマル、美術館にはフォーマル×中間 or カジュアル、移動だけならカジュアル×カジュアルとTPOに合わせたコーデがラクに決まります。

デザインよりも、色の数を増やそう

洋服のデザインや素材が違っても、色味が似ていると印象があまり変わりません。あとで旅のスナップを見て、「毎日同じ!?」とならないために、色のバリエーションを意識しましょう。

柄物は、トップス、ボトムスどちらかに限定

少ない枚数でコーディネートを広げるには、どのトップスとボトムスでも組み合わせられるようにすることが必須。柄×柄は避けるのが無難です。

小物使いでさらなるバリエーションが

さらに「もっとバリエーションを広げたい」という人のためにrisaさんが教えてくれたのが、上半身の小物使いで変化をつけるワザ。

「ボトムスよりもトップスに変化をつけるほうが、印象が変わります。大判のスカーフが1枚あれば首に巻いたり、肩からかけたりできますし、体温調節にも便利。ほかにも、プレーンなTシャツ+ネックレスでフォーマルな印象がアップ。キラキラした素材だと、顔まわりが明るくなって写真映りもばっちりです」(risaさん )。

いつも旅行前夜は洋服選びに葛藤していましたが、こんな法則を知っておけば、時間をかけずに準備ができそう。普段のコーディネートにも役立ちそうで、得した気分です♪

取材協力:パーソナルスタイリスト risaさん

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-23 13:07:42

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!