部屋がオシャレに変身! “気が利く”プチ模様替えテク

186942335b

 

新しい季節のはじまりに、手をつけたくなるのが、部屋の模様替え。だけど、大掛かりなことは大変なので、クッションカバーを変えてみたり、時計やオブジェの位置を変えてみたり、花を飾ってみたり…と、いつもワンパターンになりがち。そこで、家具インテリアコーディネートショップ『スタイリクス』の内田芳美さんに、“気が利く”プチ模様替えテクについて聞きました。

初級編:ファブリックを変えてプチ模様替え

大掛かりなことは面倒だけど、ちょっとだけ気分を変えたいという人におすすめなのが、ファブリック類を変えること。これが一番手軽で簡単です。

クッション、ラグ、テーブルランナーなど、季節に合った素材のものに変えたり、普段自分が選ばないような柄やカラーに挑戦してみるのも〇! 

また、新しいものを取り入れるもの簡単でおすすめ。例えばグリーンやルームフレグランスなどです。

「ルームフレグランスやアロマなどを取り入れると、ディフューザーにインテリア性があるだけでなく、部屋の空気が変わるので、模様替えのインパクトが大きくアップします」(内田さん)

中級編:家具の入れ替えや窓まわりの工夫でプチ模様替え

初級編より、もう少し手を加えたいという人には、家具の入れ替えや窓まわりの工夫などの模様替えがおすすめ。

「新しい家具を新調するのは、ちょっと大変なので、機能的に問題がないようなら、部屋にある家具を他の部屋の家具と入れ替えるのも効果的です」(内田さん)

普段使っている家具なのに、部屋が違うだけで、全然違う雰囲気になるからこれまた新鮮。 また、一般的にレースのカーテンは、部屋の内側に向かって、柄がよく見えるように吊るしますが、その表と裏を入れ替えてみると、印象がかなり変わって面白いそうです。

上級編:壁デコレーションでプチ模様替え

初・中級編では物足りないという方には上級編として、壁デコレーションがおすすめ。

「模様替えのイチオシは、壁デコレーションです。ウォールステッカーやファブリックパネル、ウッドパネル、ファブリックアート、マスキングテープなど、いろいろありますが、今、人気なのは、ウォールステッカーです」(内田さん)。

動物柄や花柄など、たくさんの種類があるので部屋の雰囲気や好みで好きなものを選びましょう。貼り方も簡単なので、初心者でも大丈夫。

壁デコレーションをする際は、部屋のコンセプトはもちろん、ソファや窓回りなどに使われているカラーとコーディネートすることがポイントです。取り入れる場所も、家具の配置や視線を意識して、どこの壁に取り入れるのがバランスがいいのか考えたうえで、部屋全体としてバランスを取ることがポイントです」(内田さん)。

模様替えは、新しい気持ちにしてくれるポジティブアクション。また、不要なものを見直すこともできます。ぜひ、模様替えに着手して、新鮮な気落ちで春を過ごしてみませんか。

取材協力=家具インテリアSTYLICS(スタイリクス)

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-04-26 09:04:24

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!