ただナチュラルなだけじゃダメ!?第一印象が良くなる就職活動用メイク

506621069_01b

 

就職活動では、第一印象の良さは非常に大切。髪形や服装はもちろん、メイクにも気を配りたいですね。そこで今回は、就職活動で好印象なメイクのコツをご紹介します。

ナチュラルすぎても自己流すぎてもNG

就職活動用のメイクというと、いかにナチュラルにするかが大事だと思われがちですが、あまりにもナチュラルなメイクだと、薄すぎて地味な印象になってしまう恐れがあります。とはいえ普段の自己流メイクでは、派手すぎたり遊びの要素が強くなり、就職活動には不向きな場合も

ナチュラルだけど爽やかで健康的な、清潔感のあるメイクにするには、ベースメイクアイメイクがポイントとなります。

健康的で明るく見えるベースメイクのコツ

ベースメイク(ファンデーション)は、肌の色に近いカラーを選ぶことで、健康的な印象に。また、つける量や塗り方も簡単なパウダーファンデーションを選べば、キレイに仕上げられるのでオススメです。

塗り方のコツ

  • 頬の中心にスポンジを当て、くるくると円を描くように広げていく
  • おでこも頬同様、中心にスポンジを当て、くるくると円を描くように広げていく
  • 目元や口元は、目や口を起点にし、外側に向かって放射線状に広げていく

0304_1a
このように塗ることで、自然な立体感が生まれ、イキイキとした表情になれますよ。

親しみやすさのあるアイメイクのコツ

アイラインをしっかり引いてしまうと、きつく見えたり近づきがたい印象になってしまうことも。でもアイメラインを引かないと、ぼんやりした表情になってしまう…。

下図のような場合、向かって左側のように、目尻のラインを跳ね上げると、きつい印象に。

0403a

親しみやすい朗らかさがありつつ、意志の強さやヤル気を感じさせるアイラインにするには、「まつ毛の根元だけを埋めた細いアイライン」。細いラインであればきつく見えることもありません。

就職活動用のメイクで大切なのは、薄すぎず濃すぎないこと。好印象を与えられる爽やかなメイクを心がけましょう。

取材協力:ソフィーナ

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-08-21 23:02:20

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!