〈ふんわり〉と〈吸水性〉は両立する? 柔軟剤の賢い選び方

PH4b

 

皆さんは柔軟剤を使っていますか? 私は、断然使う派です。衣類やタオルがふわふわとやわらかくなるし、香りも付くからです。使わない派の中には、「柔軟剤を使うと吸水性が落ちるのでは?」という方も。でも、今回、改良新発売された「ハミング」では〈ふんわり〉感を追求しつつ、〈吸水性〉も実現したのだとか。早速、使ってみることにしました。

改良版・新ハミングを実際に試してみました 

今回、試してみたのは、「フローラルブーケの香り」。香りの強い柔軟剤だと、ふたを開けた瞬間に香りが漂いますが、こちらは、ボトルに鼻を近づけてみてはじめていい香りがふわり。ほんのりと甘く、やさしい香りがします。

柔軟剤を規定量通りに計って、柔軟剤投入口より投入。あとは、衣料用洗剤も入れて、通常通り、標準コースで洗濯するだけ。

PH2a

洗濯が終わり、洗濯物をカゴに移し替えようと手に持った瞬間にビックリ!感触が全然違うんです。濡れているにもかかわらず、いつもと違うやわらかさに驚いてしまいました。 

PH3a

タオル類は、ふわっ、さらっな使用感

日に当たってしっかり乾いた洗濯物。衣類などは、もちろんのこと、タオル類は明らかに違う! 

PH4a

何より手触りがやわらかくて、とっても気持ちがいいんです。

娘も気持ちがよかったのか、取り込んだバスタオルをかぶったり、スリスリ〜と遊び始めてしまいました。

PH5a

早速、新ハミングを使ったバスタオルを使ってみました。

普段は髪と体をふいたら、水分を含んでベタッとした感じになるのですが、使用後もさらっとしていて、まったくイヤな感じがしませんでした。

そして、もっとも違いを感じたのが、この足拭きマット。

PH6a

もともと吸水性の高い素材のものですが、濡れてもふわふわとした触感と足にまとわりつかないさらっとした仕上がり。家族3人が立て続けに使用しても、これなら最後の人も気持ち良く使えそうです。 

微香だから、安心して使える

柔軟剤は、香りも重要なポイントですが、わが家は子どもが小さいので、あまり香りがキツくないタイプのものを選んでいます。そういう意味でも、新ハミングは、ほんのり香る微香タイプなので、安心して使えそうです。

商品情報

ふわさらヴェールの効果でせんいの1本1本まで空気をふくみ、羽毛のようにふんわり。しかも水気をすーっと吸い、さらっとやさしい肌ざわりに。赤ちゃんの衣類にも使える柔軟剤

ハミング フローラルブーケの香り

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-03-25 22:35:11

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!