[梅雨前対策がカギ] ニオわせない、ベタつかせない! ジメジメシーズンを快適に過ごす下準備

omono_ragu_01b

 

爽やかな初夏の陽気が続く今日この頃。でも、梅雨に入った途端、一気に家の中全体がジメジメに。お掃除をするのもイヤになってしまいます。特に、お掃除を憂鬱にさせるのが、この季節特有の、水回りのヌルヌルや、床のベタベタ。これは、実は「菌」が原因なのだそう。 でも、日頃のお掃除の延長で、手軽に菌対策が出来る方法があると聞き、そのお掃除のコツを実践してみました。

ニオう前に元を断つ! 「菌」が大好きな梅雨前に、しっかりケア

梅雨の時期、家の中でいちばん気になるのが水回り。とくに、キッチン回りは、頻繁に掃除していても、なんだかニオッたりヌメッたりしてしまいます。

気になるのはキッチンのニオイやヌメリ

ニオイやヌメりの原因は「菌」のしわざ。キッチンには「菌」が繁殖しやすい3条件、〈温度〉、〈湿度〉、〈栄養〉がそろっているため、磨いて掃除するだけではなく、除菌することが重要なのです。 ただでさえ「菌」にとって好条件なキッチンですが、梅雨場は特に繁殖しやすい“菌にとってのベストシーズン”。 そこで、まずは一番の悩みどころ、排水口の除菌掃除を実践してみました。

排水口の除菌掃除

1.ゴミ受けのゴミを取り除いたら、「パイプハイター 高粘度ジェル」の液を直接排水口へ。ヌメりの除去には、10~15押しが適量。横向きノズルで、ヌメった部分も狙いうち。

IMG_6401a

 

「パイプハイター高粘度ジェル」使用の際にはかならず炊事用の手袋を着用しましょう。

2.こすらずに15~30分おきます。

3.長時間放置せず、水で流して完了!

気になっていたニオイやどろっとしたヌメリがすっきり!

気になっていたニオイやどろっとしたヌメリがすっきりしました。 こまめなケアが、汚れを溜めず、菌を繁殖させないコツ。これからも「パイプハイター 高粘度ジェル」でケアして、梅雨の間もニオわせないようにしたいですね。

こんなところに!? 茶渋にも菌は“潜伏”している!

ニオイやヌメリなどの目立つ箇所を掃除したら、気持ちがスッキリ。でも、まだまだこれからの季節に気をつけたい、菌が潜伏している場所がまだまだあるんです。

暖かくなると、家庭で麦茶やアイスコーヒーなどをよく作りますよね。実は、これらの”渋”には、菌が潜在しているのだそう。この“潜伏菌”は麦茶やコーヒーを栄養にして、どんどん繁殖するので要注意!

以前は、まさか菌がいるとは思わず、茶渋汚れが目立ったら、適当に漂白していました。

でも、菌がどんどん繁殖して頑固な汚れになってしまうと知ってからは、毎日の食器洗いのついでに除菌も行っているので、その方法を実践しながらご紹介します。 「キュキュット クリア除菌」を使って、毎日食器洗いのついでに除菌をしちゃいます。

 

茶碗やマグの除菌

よく泡立てた「キュキュット クリア除菌」の泡で茶渋を洗い、水で流します。

「キュキュット クリア除菌」の泡で茶渋を洗います

実はこんなに簡単! これなら、食器を洗うついでにできるので、手軽です。

茶渋がこんなにすっきり落ちました

洗い流すと、茶渋がすっきり落ちました。なで洗いしただけなのに簡単スッキリ、ぴっかぴか。

食中毒が気になる季節、調理道具の“潜伏菌”には要注意

また、キッチンには、もうひとつケアしたい菌の“潜伏”箇所があります。 それは、包丁で刻まれたまな板のキズ

茶色や黒に変色していると気になりますが、ここには菌や汚れが潜んでいる可能性が大なのです。

「キッチン泡ハイター」をスプレーし、除菌しましょう。30秒(※)置いてから、水ですすぐだけでOKです。(※プラスチック製まな板の場合)

「キッチン泡ハイター」をまな板にスプレー

「キッチン泡ハイター」使用の際には必ず、炊事用の手袋を着用しましょう。 

確かに、調理道具に菌が潜伏していると、気づかぬうちに菌が広がってしまう可能性があります。小まめにケアしておきたいですね。

フローリングのベタベタにも“潜伏菌”が

キッチンには、たくさんの“潜伏菌”がいました。では、ほかにも見逃しがちな菌の“潜伏”場所はないのでしょうか?

例えば、わが家のように子どもがいる家庭なら、リビングの“潜伏菌”に注意した方がよいかもしれません。

1日のうち大半を過ごすリビングには、ホコリや髪の毛、素足のベタベタなど、菌の栄養になるものがいっぱい。髪の毛や足跡には皮脂がくっついていますし、落ちたフケがホコリになってしまうことも。テレビなどを見ながら食べたお菓子のくずなども栄養となり、菌が増殖する原因がたくさん揃っているのです。

子どもたちが遊ぶ床にも…

うちの子どもたちはまだ小さく、床で寝転がって遊ぶこともしばしば。これは除菌しておかなくては!

素足で歩くフローリングは、掃除機をかけるだけではゴミを除去するだけで、除菌できません。「クイックルワイパー」&「立体吸着ウエットシート」を使えば、水拭きと除菌が一度に行えて一石二鳥。

「クイックルワイパー」ならソファの下などの掃除にも便利

特別なアイテムを使わずとも、「クイックルワイパー」で床をふき掃除するだけなので、毎日手軽に除菌掃除できそうです。 また、お掃除が終わったら、ソファなどのファブリックのケアも忘れずに。

ソファやクッション、イスの張地など、薄着になる季節に直接肌が触れる家具にも、髪の毛やフケ、汗などが付着し、菌の繁殖につながります。

洗えないものや頻繁に洗えないものには「リセッシュ 除菌EX」をスプレーしておきましょう。

「リセッシュ 除菌EX」をクッションにスプレー

 

スプレーするだけなので、とっても簡単。これらの「除菌」方法なら、手軽で音も出ないので、帰宅後、夜寝る前に掃除する場合でも、安心してお掃除できます。

日頃から除菌の習慣を始めて、イヤ~な梅雨時を乗り越えて、夏まですっきり快適に過ごしたいですね。

水回りのヌルヌル・床のベタベタをすっきり除菌しよう。

おすすめ商品のご購入はこちら
  • amazon
  • 楽天ICHIBA24
  • ケンコーコム
  • LOHACO
  • 爽快ドラッグ

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-04-30 08:14:19

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!