抜け毛や薄毛の原因に!? 頭皮の日焼けは危険がいっぱい

533069459b

最近、抜け毛が気になるという方が多いのでは? 抜け毛や薄毛は男性に限らず、女性でも悩む人が急増。もしかすると、その原因は頭皮の日焼けかもしれません。今回は、頭皮のUV対策について、「私のクリニック目白」の平田雅子先生に聞きました。

頭皮を日焼けすると何が起きるの?

戸外に出かけるときに、うっかり帽子や日傘を忘れてしまい、頭がヒリヒリする…それは日焼けの症状です。黒くなる肌と違って、頭頂部では何が起きているのかが見えづらいので、放置している方も多いのではないでしょうか?

「頭皮は皮脂が多いので、顔などに比べるとそれほど弱い部分ではありません。けれども、黒髪は熱を集めやすいですし、髪の分け目やつむじは頭皮が露出していますから、日焼けしやすい。皮膚の日焼けと同じで、炎症を起こして痛みやかゆみが出たり、角質が不安定になってフケみたいに浮き上がったりすることもあるのです。それに、頭皮が傷むと、そこの髪が段々薄くなることもあります」。

さらに「紫外線を長時間浴びることによって、パーマをかけた時よりも髪の毛が傷むと言われています。炎天下の海辺に1日いたら、髪が茶色くなってしまう人も。私の知人には、夏だけ日焼け防止のためにウィッグをつけている人もいますよ」と平田先生。

頭皮の日焼けは髪の生え方にも影響。紫外線の影響で髪の毛自体もパサパサになるなど、かなりのダメージを受ける模様。

日焼けはどれぐらいで回復するの?

そもそも日焼けは肌の防御機能。皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3層からなっています。紫外線を浴びると、メラノサイトという細胞が真皮を守ろうとメラニンを放出させて、バリアをつくります。メラニンは少ないと皮膚ガンになりやすい一方で、代謝が悪いと、蓄積してシミの原因にもなる色素なのです。

平田先生によると、「新陳代謝により、皮膚が入れ替わるまで約1カ月かかるので、頭皮が1回日焼けしても、1カ月後には元に戻ります。ただ、ずっと継続して日焼けしていると、どんどんメラニンが発生してシミになりますし、頭皮もボロボロに弱っていきます」とのこと。

夏場にフケが多いと思っている人は、もしかしたら日焼けが原因で頭皮が傷んでいるのかもしれませんよ。

頭皮を日焼けしたときのケアの仕方

日焼けした頭皮の回復を早めるためには、やはりケアが必要です。

頭皮を日焼けしたら、水で濡らしたタオルなどで冷やして、炎症を抑える軟膏や、乾燥を防ぐためにワセリンを塗りましょう。

ヒリヒリ傷むなら、髪を洗うときにシャンプーは使わないでお湯で流すだけにしたほうがいいですね。そこまでひどくない場合でも、お湯だけで予洗いした後で、3倍ぐらいに薄めたシャンプーで洗うと刺激を抑えられます。リンスやコンディショナーは毛先にだけつけるようにしてください」(平田先生)。

症状がひどいときは、早めにお医者さんに見てもらうこと。

スカッとする整髪剤などは、却ってダメージを与えるだけなので、使わないようにしましょう。

頭皮もUV対策をしよう

帽子や日傘は熱中症対策だけではなく、頭皮の日焼け防止にも有効なのだとよくわかりました。ほかに、普段からできる予防はあるでしょうか?

頭皮の分け目やつむじにも、日焼け止めは塗ったほうがいいですね。UVケア用のヘアスプレーなどもあるのですが、それだと効果が弱いので、肌用がオススメです。両手の平で日焼け止めを伸ばして、頭のてっぺんの周辺を抑えるような感じでなじませます」(平田先生)。

陽射しが強くなる春先から夏にかけてはもちろんのこと、秋や冬も乾燥しやすいので、1年中頭皮の日焼け予防をした方が良いとのこと。

日焼け止めは2、3時間しか持たないそうなので、時間が経ったら塗り直しましょう。

今すぐに抜け毛や薄毛などの症状は出ないかもしれませんが、歳を重ねるごとに頭皮も髪も弱くなっていくもの。しっかり頭皮を守って、いつまでも健康な髪を保ちましょう。

取材協力:「私のクリニック目白」平田雅子先生

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事の内容について、花王株式会社は監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-07-21 01:33:14

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!