傘の汚れ、見られています! 雨傘のお手入れ方法

153489317b

 

もうすぐ梅雨。お気に入りの傘が大活躍する季節ですね。よく見ると黒っぽいシミや色のくすみなど、意外と汚れが気になる雨傘。今回は、家庭でカンタンにできるお手入れの方法をご紹介します。

コツはスポンジでポンポンとたたき洗い

お手入れする場所は、傘が広げられて、シャワーがあるお風呂場がおすすめです。

傘の洗い方

  1. 傘は開いておく。
  2. 洗い桶に「エマール」などのおしゃれ着用中性洗剤と水を入れて溶かし、スポンジに含ませる。
  3. (2)のスポンジで傘の表面をポンポンと叩きながら洗う。 
  4. シャワーでしっかりとすすぐ。

洗剤の成分が残ると、撥水性が低下したり、シミの原因になることも。しっかりとすすぎましょう。 

しっかり乾燥、仕上げに防水スプレー

傘のお手入れのポイントは、とにかく水分を残さないこと。 傘を広げた状態のまま、タオルなどでしっかり傘の骨などの水分を拭き取りましょう。生地の傷みや色あせを防ぐため、日陰でよく乾かします。

仕上げに防水スプレーをかけておくと、撥水効果が高まり、汚れもつきにくくなります。

防水スプレーは屋外で使用しましょう。

使ったら必ず乾かす習慣をつけて

思っていたよりも傘のお手入れは簡単でしたね。それでも「洗うのは面倒」という人もいるはず。そんな人は、”傘を使ったら乾かす習慣”を。 帰宅後に濡れたままの傘をそのまましまうのではなく、広げて日陰で干しておきましょう。サビや汚れのつき方を防ぐことができます。

おしゃれ着用の洗剤が、傘にも使えるなんて驚きでした。お気に入りの傘は、いつまでもキレイに使いたいもの。今年の梅雨はピカピカの傘で楽しく乗り切りましょう。

商品情報

色あせ・毛羽立ち・ヨレ・縮みを防止して、洗たく機のドライコースでも、ニオイ・汚れをすっきり落とすおしゃれ着用洗剤

エマール リフレッシュグリーンの香り

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-03-27 09:45:43

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!