なんだか服が腐った雑巾のニオイ。これってなんで!?

480178517b

 

梅雨になると、何といっても悩みのタネとなるのが洗濯物。部屋干ししたら、乾いた服から腐った雑巾のような、イヤなニオイがする。 その後、何回洗濯しても、そのニオイはなかなか消えず、困ったという経験がある人も多いのでは? その原因は何なのか、調べてみました。

ニオイの原因は「菌のフン」

生乾き臭の原因は、「モラクセラ菌」。これは、人の身体や服の中にもいる一般的な菌。よって、この菌そのものがにおうわけではありません。

実は、モラクセラ菌が出したフンがニオうのだそう。モラクセラ菌が洗濯物に付着して、水分や皮脂などを栄養分にして増殖し、大量のフンを出すと、雑巾のようなニオイを発します。

乾くまで時間がかかる部屋干しの場合、その間にモラクセラ菌が増殖しやすくなるので、ニオイが発生しやすくなります。

モラクセラ菌は普通に洗濯しても衣類に残ってしまいます。何回洗濯してもニオイが取れないのはそれが原因。

洗濯物をためこんでいると発生する!?

モラクセラ菌が発生しやすいのは、ジトジトした湿った環境です。汗をかいた後の衣類や、使用後のタオルなどを放置すると、菌の格好のすみかに。洗濯する前の段階で、すでに菌が繁殖している可能性もあるのです。

晴れた日になるまで、洗濯カゴに濡れた服やタオルをためておくだけで、菌の温床になります。

曇りの日に外干ししても、乾くのに時間がかかるとモラクセラ菌が発生するケースもあります。

普通に洗濯するだけではニオイは落ちない

実は、モラクセラ菌は乾燥や紫外線にも強いので、洗濯物が乾いても死滅しません。よって、外干しで日光消毒しても、なかなか除去できないのだとか。

モラクセラ菌を除去するには、除菌効果のある洗剤を使うなどして、ニオイの原因を断つのが効果的。

菌のフンがニオイの元だったなんて、ショックです。実は、家庭にある古いタオルのほとんどにモラクセラ菌が数多く付着しているのだとか。人体に害がないとはいえ、気になります。一刻も早く、除菌タイプの洗剤を使って「除フン」しなければと思いました。

商品情報

少しの量で確かなニオイ洗浄力。抗菌・漂白剤配合で、ニオイ菌にジュワッと発泡する洗たく用洗剤

アタック Neo 抗菌EX Wパワー

写真:Thinkstock / Getty Images

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-29 11:01:37

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!