「生乾き臭」徹底対策! 梅雨どきでもニオわせない洗濯&部屋干しテクニック

Exif_JPEG_PICTURE

 

今年も、梅雨の季節がやってきました。私にとっては、部屋干しで頭を悩ませる季節です。今までは、生乾き臭のするタオルを洗い直したり、わざわざストーブを出して乾かしたりしたことも。今年はその悩みから卒業すべく、生乾き臭のしない洗濯の仕方&干し方を試してみることにしました。

いつもの洗剤や柔軟剤を見直してみた

実は、わが家のタオルは、かすかに濡れた雑巾のようなニオイがして危険信号がともっています。このニオイの原因は、実は菌なのだとか。調べてみると、どうやら普通に洗濯するだけでは取れないようです。

そこで、今回はいつもの洗剤の代わりに、抗菌効果のある洗剤「アタック 抗菌EX スーパークリアジェル」を使ってみることにしました。

Exif_JPEG_PICTURE

 「アタック 抗菌EX スーパークリアジェル」はただ抗菌するだけではなく、さらにニオイの元となる、せんいに残った「菌のエサ」(皮脂や角質)をしっかり落としてくれるのだそう。

そして、洗濯を繰り返すと、乾いた洗濯物はゴワゴワになることも。それを防ぐために柔軟剤も投入。

「ハミングFine」は抗菌効果のある天然柔軟成分を配合しているので、ニオイ菌の増殖を抑える効果があるのだそう。

Exif_JPEG_PICTURE

 ニオイ菌を防げる洗剤&柔軟剤をWで使ったので、これは効果が期待できそう!

すすぎには清潔な水を使う 

生乾き臭を防ぐには、すすぎに必ず清潔な水を使うのが大切。

お風呂の残り湯には18億~180億個の菌がいるといわれています。洗っている時にはOKですが、すすぎの時にはNG! お湯のなかの汚れや菌が衣類につくと、生乾き臭の原因になるのです。

環境も気になるのでお風呂の残り湯を使いたいところですが、すすぎには必ず水道水を使いましょう。

短時間で乾く干し方にする 

部屋干しで一番重要なのは、短時間で乾かすこと。ここで時間がかかると雑菌が増えやすくなります。 そして、短時間で乾かすコツは「衣類を重ねず干すこと」です。

Exif_JPEG_PICTURE

洗濯物を隙間なく干したら、風が通らずになかなか乾きません。狭い部屋では難しいですが、風が通りやすくなるように、衣類同士がなるべく重ならないよう、隙間をあけて干しました。

さらに、扇風機で直接、洗濯物に風を当てて、短い時間で乾くように工夫してみました。

Exif_JPEG_PICTURE

扇風機と合わせてエアコンの除湿機能を使うと、湿度を下げられるので乾きやすいともいわれています。

部屋干しでも生乾き臭を克服!

扇風機を使ったので、3時間ぐらいで乾きました。

この状態では気になるニオイはまったくせず、洗剤&柔軟剤の華やかな香りが漂う、上品な洗濯物に生まれ変わりました。手触りも滑らかで気持ちいい!

翌日、洗濯したタオルを使ってみましたが、雑巾のようなニオイがしなくなっていたのには驚きました。タオルについていた菌をしっかり取り除けたのかもしれません。抗菌効果のある洗剤&柔軟剤のパワー、恐るべし。

今まで憂鬱だった部屋干しも、この洗剤&柔軟剤の組み合わせなら毎日でもできるかも。梅雨の晴れ間を狙って、たまっていた洗濯物を一気に干すより、毎日少しずつでも洗濯したほうが雑菌の繁殖も抑えられると聞きます。これからは、梅雨時の洗濯も楽しくなりそうです♪

商品情報

抗菌クリア成分を高配合し、衣料のニオイ菌の増殖を99%抑制するだけでなく、ニオイの元となる皮脂・角質などの”菌のエサ”までしっかり除去する洗たく用洗剤(液体タイプ)

アタック 抗菌EX スーパークリアジェル

抗菌センサー効果でニオイ菌の増殖ゼロ。部屋干しの生乾き臭も防ぐ柔軟剤

ハミングFine マリンシトラスの香り

文:

※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の責任において行ってください。
詳しくは、当社の「ウェブサイト利用規定」および「『マイカジスタイル』コンテンツの利用規約」をご覧下さい。

debug 2017-06-26 21:20:35

関連記事

あなたのカジスタイルを見つけよう!